ここから本文です

松坂大輔が語る98年と今年の横浜の共通点。『18年周期』で全国頂点へ「運命的なものを感じる。優勝狙える」

ベースボールチャンネル 8/7(日) 11:00配信

過去のチームとの共通点

「今年は優勝狙えるんじゃないですか」

 そうエールを送るのは、横浜高校を18年前の1998年、甲子園春夏連覇へと導いた“平成の怪物”、松坂大輔。松坂は今年、夏の甲子園出場を決めた後輩たちを、自身の代と重ねるように見守る。

「僕たちも2年生の時から主力で出てて、3年に上がってから優勝した。今年の子たちも、そうですもんね」

 たしかに、今年の横浜は、県大会ベンチ入り20名のうち実に半分の10名が、昨夏からのベンチ入りメンバーである。松坂が2年時(1997年)の神奈川大会ベンチ入りメンバーも、20名のうち、ちょうど10名が1・2年生だった。そして、その夏を2年生ながらエースとして経験した松坂大輔、小山良男、後藤武敏など主力メンバー含む9名が、翌年のメンバーに残った。

 松坂は、甲子園は間違いないと言われていた2年生の夏、県大会の準決勝で、自らの暴投により敗退。甲子園まであと一歩のところで涙を飲んだ。その悔しさを経て、翌夏、神奈川を圧倒的な強さで勝ち抜き、悲願の甲子園への切符をつかんだ。そして、そのまま勝ち続け、公式戦44戦全勝のおまけ付きで、春夏連覇の偉業を成し遂げた。

「まだ大きな大会で優勝できてないですからね、優勝してほしいですね」と、松坂が自身の高校時代と重ねる今年の3年生は、今でこそ“役者がそろっている”と言われるが、強豪・横浜に入学しながら、ここまで一度も甲子園の土を踏んでいなかった。昨夏は、弱い弱いといわれながらも、ノーシードから県大会決勝まで上り詰めた。しかし、宿敵・東海大相模に0-9と大敗。大きな悔しさを経験したメンバー達は、新チームとなり、リベンジへと燃えた。

 主力選手の多くがそのまま残った新チームは、今度は圧倒的だと言われながら、昨秋の関東大会は初戦敗退、春は躍進するも関東準優勝と、ここでもあと一歩、甲子園に及ばなかった。

今年は運命の年

「ちょうど18年周期なんですよ」

 松坂も、今年の横浜には運命的なものを感じている。

「今年の子たちって、僕が甲子園優勝した年に生まれた子たちなんですよ。しかも、僕が生まれた年にも、横浜高校は甲子園優勝していて。ちょうど18年周期なんで、今年もね……」

 松坂が生まれた1980年、横浜は神奈川を制し、夏の甲子園初優勝をもたらした。その時のエースが、甲子園のアイドルと人気を集めた愛甲猛。彼もまた下級生の時から主力選手として活躍し、2年時には決勝で涙したが、3年夏に見事夢切符をつかみ、甲子園初優勝まで上り詰めた。

 奇しくも、松坂の言うように、横浜は18年周期で激戦区神奈川を制し、甲子園へ。そして、愛甲猛、松坂大輔、今年のドラフトの目玉とされる藤平尚真と18年周期でプロ注目好投手がいる。

 当時のチームと同じように、下級生の頃から主力選手として試合に出てきたメンバーが多いという経験値の面もそうだが、個の実力も光っている。投げては、プロ注目右腕の藤平尚真、左腕の石川達也と共にハイレベル。一試合平均の奪三振数も共に2桁。攻撃面では、神奈川大会記録を更新するチーム本塁打数14。投打で激戦区・神奈川を圧倒してきた実力は、全国の舞台でも躍動することだろう。

 現在のチームをずっと見てきた横浜高校ファン歴11年の宇佐美惟斗さんは、「チームの成長、個々の成長は試合を見ればわかるほど。これも昨夏、秋の関東大会の悔しさを個々で持ってるからでしょう」と話す。昨夏は、全国制覇した東海大相模に大敗。しかし、ノーシードながら決勝進出。「『今年は弱い』と評されても、そんな中勝ち抜く『なんだかんだ横浜』に(昨夏限りで勇退された)渡辺元智監督を甲子園にという気持ちが乗り移った去年のチームだった」と宇佐美さんは振り返る。

1/2ページ

最終更新:8/8(月) 18:12

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。