ここから本文です

“ネイマール2世”獲得に迫るインテル、28億円で五輪終了後に移籍成立か

フットボールチャンネル 2016/8/7(日) 8:00配信

 日本代表DF長友佑都が所属しているインテルが“ネイマール2世”の獲得に迫っているようだ。6日、ブラジル『ランス』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 ネイマール2世ことガブリエル・バルボサ“ガビゴル”の代理人は「インテルが公式にオファーを提示した」と明かした。

「インテルは2500万ユーロ(約28億円)のガビゴル獲得のためにオファーを出してきた。インテルは3度目のガビゴルに対するオファーをサントスに提示したよ。オリンピックが終わればガビゴルと一緒に彼の未来を決めるだろう」

 一時はユベントス移籍に近づいていたガビゴル。一転してユベントスの宿敵であるインテル移籍に近づいているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/8/7(日) 9:32

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。