ここから本文です

熊本の被災地を「ささえるモン」 全国のデパートでくまモンのチャリティグッズが発売

GQ JAPAN 8/7(日) 17:01配信

日本百貨店協会が8月7日(日)、熊本地震の被災地支援を目的として、全国のデパートでくまモンのチャリティグッズの限定販売を開始した。全4種のフィギュアで、各300円で発売中。収益の全額を熊本の被災地に寄付する。

【多くの著名人がコメントを寄せた くまモングッズの全画像はこちらから】

今回発売されたのは「PRAY FOR KUMAMOTO フィギュア(くまモンver.)」。熊本県のキャラクターで、復興支援のシンボルでもあるくまモンが、4つのアクションで熊本を支援する。

販売店舗は北は札幌から南は那覇までと幅広い。学生も会社員も夏休みを取るこの季節、多くの人が集まる全国のデパートで熊本支援を盛り上げようというのが狙いだ。

今回のチャリティには多くの著名人が賛同の意を示した。熊本県熊本市出身でくりぃむしちゅーとして活動する上田晋也さんと有田哲平さんは、下記の通りコメントを寄せている。

「熊本は生まれ故郷であり、浪人まで地元で過ごして、今も家族、親戚、友人・知人が多くいます。私たちも微力ではありますが、被災地の皆さんと共に頑張っていければと思いますし、被災地以外の皆さまにも今後とも風化させることなくご協力いただければと思います」
(賛同人からのメッセージ一覧)

熊本地震は2016年4月14日の21時26分に前震が発生、同16日の1時25分に本震が発生し、熊本県だけでなく九州全体に被害をもたらした。7月末には地震発生から100日を迎えたが、今も避難所で生活する人々が多く、一部地域では避難指示解除の見込みが立っていないという(8月5日の時事通信の報道による)。

被災地の支援には様々な形があっていい。「忘れないよ」(坂本龍一さんのコメント)という気持ちを持ち続けることも大切であろうし、ボランティアに加わったり、オンラインで情報を発信したりするのもいいだろう。そんな多様な選択肢のひとつに人気キャラクター「くまモン」を通じての支援が加わった。被災地を支援する輪は、これまで以上に広がっていくだろう。

冨田秀継(GQ)

最終更新:8/7(日) 17:01

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。