ここから本文です

NEWSのメンバーが今、面白いーー『変ラボ』で見せる個々の才能と健気な姿

リアルサウンド 8/7(日) 7:00配信

 この夏、NEWSが一皮も二皮もむけそうだ。NEWSは現在4人体制。相次ぐメンバーの脱退により、結成時の半分以下の人数に。人気メンバーが抜けた直後には「イチゴのないショートケーキ」と揶揄されたこともあったという。そんな苦悩の日々を赤裸々に語り、崖っぷちなイメージを強めてきた。だが今、4人ならではのNEWSが面白くなってきた。

 8月1日には、4人がレギュラー出演している冠番組『変ラボ』(日本テレビ系)のスペシャル番組がオンエア。24時間耐久で恐怖実験を行なうという過酷なロケに挑戦した。4月からスタートした同番組。テーマが、新発見を求めてNEWSで様々な実験をしようというもの。今回の特番は、その集大成とも言えるもので、放送内容もリアクション芸のオンパレードだった。

 オープニングからマッチョマンに担がれ、アイマスクでロケ地まで移動させられ、爆薬あり、お化け屋敷あり、ドラム缶風呂で全裸まで披露し、「今、最もNGのないアイドル」と言われる始末。

 だがNEWSは、今カッコ悪い姿こそカッコいいのだ。真夜中のお化け屋敷でかくれんぼをすれば、人一倍ビビリな小山慶一郎が恐怖のあまり「ちょっとおしっこ出ちゃった、ごめんなさい」と失禁宣言。夕方にキリッとキャスターをしているときとは大違い。そんなギャップもいいが、最後は頭脳プレーで鬼から逃げ切る姿もカッコいい。

 歌って踊ってスポーツ万能なイメージのあるジャニーズの中で、「運動能力が低い」と公言してしまう加藤シゲアキ。ビリビリと電流が流れるバトンでリレーをする実験では、絶叫しながら疾走し、地味にタイムを縮める…も、他のメンバーがそれどころではなかったため実験結果には影響せず。そんな報われなくても必死なところが、真面目でカッコいい。

 かねてからキレイ好きで知られる増田貴久だったが、ゾンビと手を繋いで駆けずり回ったり、気づけば牛舎で牛糞をかき集める。番組の裏テーマとして、NEWSの悲鳴でベートーベンの「歓喜の歌」を作っていたという企画がバラされると「だとしたら、もっと音階を出したかったなー。プロとして」とポロリ。全ての実験にプロとして対応していたことが伺えて、あらためてカッコいい。

 もちろん、NEWSのバラエティ王子である手越祐也の存在を抜きには語れない。手に汗握るホラーゲームのバーチャルリアリティ映像を見ながら握力がアップするかを試す実験では、恐怖のあまり椅子から転げ落ちて七転八倒。派手なりアクションをとったにも関わらず、通常時よりも3分の1しか力が出ないなど、オチとしてもバッチリな活躍だった。番組内では、もはや「メンタルモンスター」の呼び名が定着しており、スペシャルの翌週(8月4日オンエア)には、半裸の状態で目隠し&拘束でハムスターやヘビを身体に這わせたり、においの強いものを食べたオネエとキスをして見事に当てたりと、衝撃シーンが次々と披露された。体を張りながら、常に期待以上の結果を出し続ける手越は、本当にカッコいい。

 実は、4月に放送された番組初回にNEWSのイメージ調査(街の人100人にインタビュー)では「知らない」「わからない」が1位という残念な結果だったNEWS。しかし、7月21日放送では「個々の活躍」が1位にランクイン。それぞれのキャラが浸透してきていることが見えた。さらに、「仲良さそう」「4人で頑張っている」という意見も多く寄せられる結果となり、やはり今のNEWSは勢いが増しているのだ。

 8月27日、28日に放送される『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーという大役も、きっと今の4人ならではの良さが見えることだろう。個々の才能を爆発させていながらも、泥臭くて健気。そんなNEWSから目が離せない。

佐藤結衣

最終更新:8/7(日) 7:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。