ここから本文です

【36歳女の婚活奮闘記】まゆ子起死回生!? 好感度が高い「婚活履歴書(身上書)」の作り方をプロに聞く!

Suits-woman.jp 8/7(日) 13:00配信

こんにちは。PR会社に勤務しているまゆ子、36歳独身です。

婚活始めて6年、連絡を取り合った男性は100人改め120人以上。お見合い相手も70人を超えてしまいました。結婚相談所もこの夏3件目に突入。この夏こそ決める!! 37歳が近づいてきた今、また気合いを入れ直してがんばります。

というわけで、8月の連載は夏の特別編。自分の頭を整理するためにも(笑)、今まで婚活アドバイザーさんから言われたアドバイスを総まとめしちゃいます。

たかがプロフィール写真と思うことなかれ!

まず1回目は『婚活履歴書(身上書)の作り方編』

婚活を始めようと決意し、相談所に行くと、まず用意することになるのが履歴書(身上書)。就職活動の時に作るエントリーシートのようなもの。自分を一番最初にアピールする、最も大事なプレゼン資料です。

数多くある商品の中から、自分という商品を手に取ってもらうためには、このシートがとても重要。キラリと光るモノがなければ、埋もれてしまいます。まず書類選考に受からなければ試験にも行くことができないのです。その履歴書(身上書)の中で最も目につきやすいのが「写真」。

たかがプロフィール写真と思いがちですが、これが一番力を入れるべきといってもいいポイントなのです。間違っても、以前使った証明写真の残りを使おうなんて思ってはいけません。

ではどんな写真を使えばいいのか?

一言で言えば、「女子力が高いモテ写真を用意する」こと。

就職活動ではないので、自分の顔がきちんと分かればいいのではありません。笑顔がない真面目な写真では、お客(婚活男性)は、自分を手に取ってはくれません。だって商品は、何百、何千とあるのですから。

■まず最も大切な顔の印象作りから。

化粧はナチュラルメイクが基本。ただし写真で見ると、薄すぎる化粧はすっぴんに見えることがあるので注意。ポイントは目元。つけまつ毛などで目元を強調しすぎるのはNG。マスカラで程よくボリュームを出し、アイラインでくっきりした目を作ります。アイシャドウは、ブラウン系が無難。オレンジやグリーンなど、インパクトのある色は避けましょう。チークやリップのつけすぎにも注意しましょう。

■ヘアスタイルも顔の印象を変える重要なポイント!

髪型は清潔感のあるスタイルで。一般的な婚活男性に人気なのは、黒髪のストレートヘア。長さは肩にかかるくらい。ツヤのあるヘアに男性は心を奪われるのだそう。ボリュームがある髪なら、ハーフアップ程度にまとめてスッキリした印象を作るといいようです。

■続いてその人の印象を左右する服装選び!!

洋服は、顔写りがいい明るめのものを選ぶことがポイント。真面目なキャラで売り出したい場合以外は、紺色や黒といったシックな服装は、地味に写るので避けましょう。就職活動のようなスーツもきちんと感が出すぎるので辞めましょう。逆に派手な柄の服や個性的な服は「変わった人」「派手な人」という印象を与える可能性があるので、よっぽど個性をアピールしたい場合以外は避けた方が無難です。

女性らしく、優しい印象で写りたい場合は、ベーシックなベージュやパステルカラー、胸元は程よく開いているものを選びましょう。デコルテが見える方が美しく見えるので、冬であってもタートルネックは△。もしタートルネックを選ぶ場合は、アクセサリーで華やぎを出しましょう。

■最後に写真の写り方。これが一番難しいですよね!

ベストなのは、口角があがった笑顔の写真。でも微笑むというのは難しいもの。無理に笑おうとするとひきつった笑いになるはずです。

そこでまずは写真を撮る前に顔の筋肉をほぐしましょう。自然に笑えるように、特に口元から頬を軽くマッサージ。口角が上がるように筋肉を持ち上げるように行うといいでしょう。ただしマッサージしすぎて化粧が落ちないように注意。

顎を引き、撮影前に「イー」と声を出して言い、撮る瞬間に軽く口元を閉じます。

写真を撮る場所は、断然写真館がおすすめ。写真館によっては顔写りがいいように修正をしてくれる場所もあります。

もしどうしても証明写真の機械で撮らなくてはいけない場合、裏ワザをお教えしましょう。

それは、ひざに白いハンカチを置くこと。

白いハンカチがレフ版の役割をしてくれて、顔を明るく映してくれるはずです。これで印象がグンとアップするはずです。

婚活男性の9割はまず履歴書(身上書)の写真で判断します。特に30歳を過ぎた女性の場合は、年相応ではなく、若く見える写真を選ぶことがポイント! 写真でパスできなければ、どんなに魅力的な履歴書(身上書)を書いても読んでももらえませんよ。



写真ができたらいよいよ履歴書(身上書)の作成。その極意とは……続きは続編へ。

最終更新:8/7(日) 13:00

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。