ここから本文です

体操王者・内村航平のまさかの鉄棒落下に世界も衝撃「アウチ-ムラ!」

THE ANSWER 8/7(日) 9:52配信

得意の鉄棒でミス、海外メディアも「レジェンドが痛恨の落下」と速報

 リオデジャネイロ五輪体操の男子予選で、日本のエース内村航平に得意の鉄棒で落下のミスが出たことが世界でも波紋を呼んでいる。

【写真】リオ五輪での活躍に期待、各種目の日本人美人アスリート

 現地6日(日本時間7日)に行われた予選。内村はこの日の5種目目となった鉄棒でまさかのミスが出た。「屈伸コバチ」でバーをつかみ切れず、落下。得点も14.300と伸びず、種目別決勝を逃した。この結果にスポーツ専門放送局「ユーロスポーツ」は「アウチ-ムラ! 日本体操のレジェンドが痛恨の落下」と速報を打った。

 また米放送局「ESPN」電子版も「日本はラフなスタートを切った。前回王者のウチムラが鉄棒から落下。また世界選手権ゆかのチャンピオン、ケンゾウ・シライもステップアウトしてしまった。日本人は支配しきれないように見えた」とレポート。床のスペシャリストである白井健三も着地が乱れてラインオーバーし、15.333と得点が伸びなかった。それでも予選6位に入り、15.533で3位となった内村とともに決勝進出を決めている。

 予選の1班で登場した日本は総得点で269.294点をマークしたものの、2班のアメリカが270.405点、3班では中国が270.461点、ロシアが269.612点を記録して4位通過に。また内村は個人総合2位で決勝に進んだ。悲願の金メダルを目指す男子団体決勝は日本時間9日早朝に競技が開始される。内村をはじめとしたメンバーは気持ちを切り替えられるか。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:8/7(日) 9:52

THE ANSWER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。