ここから本文です

【MLB】カープの戦いに米メディアも注目。前田健太の古巣とドジャースの同時Vなるか

ベースボールチャンネル 8/7(日) 17:00配信

米メディアもカープの戦いぶりに注目

 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が4日(日本時間5日)の敵地ロッキーズ戦で先発し、今季10勝目を飾った。5回2/3を98球投げ、4安打2失点。リーグ2位のチーム打率を誇る強力打線を打者有利と言われる高地のクアーズ・フィールドで2失点に抑え込んだのは大きな評価材料だろう。そしてこの日の勝利で新人としては球団史上13人目となる2ケタ勝利に到達。今やチームにとって欠かせない存在と断言していい。

 さて、その前田をめぐっては米メディアが「古巣とともに勝利の美酒を味わえるか」というテーマで日本の広島東洋カープの戦いぶりにも焦点を当て始めている。米スポーツ専門局の『ESPN』は同日放送の番組内で前田の所属するドジャースと、前田の古巣であるカープがともに今季リーグ優勝を決められる位置にいる共通点に注目。「ケンタ・マエダのトレードを行った日米の両チームが今季、奇しくも揃って長い負の歴史に終止符を打つことになるかもしれない」としている。

 ドジャースは現在ナリーグ西地区の首位サンフランシスコ・ジャイアンツと僅差の2位でワイルドカード争いでもトップを走っている。このままポストシーズン進出を決めてディビジョン・シリーズで4年連続の地区優勝を飾り、次のリーグ優勝決定シリーズも制せば1988年以来、実に28年ぶりのリーグ優勝を決めることができる。

 一方のカープも、2位のジャイアンツにジワジワと差を縮められてはいるものの依然としてセリーグ首位の座をキープ。迫り来る巨人を振り切ってリーグVを成し遂げれば、チームにとっては1991年以来25年ぶりの栄冠達成となる。

LAと広島のファンにとってドラマチックな結果に

 もちろんドジャース、カープにとって「リーグV」が最終目標ではない。仮に両軍がリーグVを果たしたとすれば、ドジャースはワールドシリーズ、カープも日本シリーズとそれぞれ日米における頂上決戦に臨むことになる。ESPNは両軍がその頂上決戦を制した場合の記録についても算出し、ドジャースがワールドシリーズを制覇すればリーグVと同じく1988年以来28年ぶり、カープが日本一となったら1984年以来32年ぶりの快挙となることを強調していた。

「ドジャースとカープが日米でそれぞれ頂点に立ったら、ロサンゼルスとヒロシマのファンにとってはドラマチックな結果となるに違いない。ドジャースにはマエダ、そしてカープにはかつてドジャースにも在籍したヒロキ・クロダ(黒田博樹)がいる。もしロサンゼルスのドジャースタジアムとヒロシマのマツダスタジアムの2カ所でそれぞれ2人がシェイクハンドした後、シャンパンファイトをしたらきっと大きく盛り上がるだろう」と同番組内でアンカーが、ちょっとした妄想を膨らませながら熱弁を振るっていた。

 それが現実となるか否かはこの夏場の戦いの行方にすべてがかかっている。前田が所属するドジャース、そして黒田を擁するカープもとにかく負けられない。悲願達成に向け、正念場だ。



臼北信行

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:8/7(日) 17:00

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。