ここから本文です

最高の1枚を!上手にスナップ写真を撮影するための9つのコツ

ライフハッカー[日本版] 8/7(日) 20:10配信

MakeUseOf:スナップ写真を上手に撮るのはとても難しいことです。なぜなら、スナップ写真は最高の瞬間を切り取るだけではなくて、その瞬間の雰囲気や気分も一緒に切り取らないといけないからです。そして、最高の瞬間は一瞬で過ぎ去ります。まばたきをしている間にやってきて、あっという間に過ぎ去ってしまうのです。

一応説明しておくと、スナップ写真というのはポーズをとらない、無計画のたまたま撮れた写真のことを指しています。たとえば、グループの集まり、家族とのアクティビティ、ビーチへの旅行、夜の街に繰り出した場面などです。

この記事ではデジタル一眼カメラを使用している人を想定してアドバイスを紹介します。いくつかのコツはスマートフォンや小型カメラにも応用できますが、デジタル一眼にしか当てはまらないアドバイスもあります。自分の持っているカメラを最大限活用するように心がけてみてください。デジタル一眼カメラが必要だと感じるまでは購入する必要はありません。

前置きはここまでにして、以下紹介するコツを参考にすれば最高の一瞬を見逃さずに満足のいくスナップ写真が撮れることでしょう。

1. 絞りまたはシャッター優先モード

CanonやNikonを含むほとんどのデジタル一眼カメラのブランドは「絞り優先」と「シャッター優先」という2つの半自動モードを搭載しています。マニュアルモードはスナップ写真撮影では遅すぎる場合がほとんどなので、代わりにこれら2つを使いましょう。

絞り優先モードは、ISO感度と絞り値を設定したらカメラが自動的にちょうど良い露光に合わせてシャッタースピードを調整します。シャッター優先モードではISO感度とシャッタースピード値を設定したら、カメラが自動的にちょうど良い露光に合わせて絞り値を調整します。

さて、どの場面でどちらを使えばいいのか?絞り優先は光が少ない場所や背景にぼけが欲しい場合に設定します。シャッター優先はスポーツや子供が遊んでいるときなど素早い動きを捉えるときに最適です。

1/4ページ

最終更新:8/7(日) 20:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。