ここから本文です

バンコクきってのおしゃれエリアに隠れ家的和食ダイニングを発見 [FRaU]

講談社 JOSEISHI.NET 8/7(日) 17:01配信

タイのヒップたちが住まうバンコクきってのおしゃれ地区アーリーにある和食ダイニング「Hanazen」に行ってまいりました。

よくこの辺で遊んでいたけどちっとも気が付かなかった! ひっそりと佇むとてもいい雰囲気のお店なんです~。



ほら、素敵な店内。一軒家を改築したのだとか。

優しい照明に心が休まりますね~。



オーナーシェフが日本人の方のようで、もう本当にご飯がおいしかった!!

左がポテトサラダ。盛りつけもセンスがいい~! 右は生ブリの胡麻醤油和え。

日本料理屋さんでは必ず頼んでしまう出し巻きたまご。お出汁に浸ったタイプですっごくおいしかった。やっぱり毎日タイ料理も飽きてしまうんですよ。こういうお店は貴重なのです。

こちらのお店、日本酒やクラフトビール、梅酒がウリだそうで、こんなかわいいおちょこもディスプレイされています。

黒板アートも素晴らしいの一言。
タイ料理に胃腸が疲れたら、Hanazenさんでディナーはいかがでしょう。



● Hanazen
住所: 42 Soi Ari 5, Samsen Nai, Phaya Thai, Bangkok 10400

最終更新:8/7(日) 17:01

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。