ここから本文です

「内臓透けてるしエロすぎでしょ」日本人が遂にミジンコに萌えだした!? アプリ『大怪獣ミジン娘』に大絶賛の嵐!!

おたぽる 8/7(日) 16:00配信

――日夜膨大な量がリリースされるアプリゲーム関連情報。注目情報から世間の反応までを概観します。(週2回更新予定)

■『大怪獣ミジン娘 ~0.1mmから始める世界征服ミジンコ育成~』
 mashloopが7月に『大怪獣ミジン娘 ~0.1mmから始める世界征服ミジンコ育成~』をiOS向けに配信開始した。ついにミジンコまでを萌えに昇華させた日本人の極めっぷりに「日本人で良かったとつくづく思う」「日本ってどうしてこうなんだ(ほめ言葉)」「もうほんとこの国ヤバイ(ほめ言葉)」と、絶賛の声が相次いでいる。

 ゲームのコンセプトはいたってシンプル。とある美少女ミジンコが『こっぱみじん光線』を繰り出しながら大怪獣に進化する。生まれたばかりの体長0.1mmのミジンコにプランクトンを食べさせ、どんどん成長させて世界征服を目指せ! 敵をパクパク食べるだけでミジンコはどんどん成長し、誰にでもエンディングまでゲームを進めることができる。

 操作方法も、画面をフリックしてミジンコ移動させる、体当たりでプランクトンを食べさせるとシンプルで、直感的にゲームを楽しむことができる。敵に囲まれてピンチになったら、画面下の雷マークをタップして『こっぱみじん光線』『こっぱみじん放電』を発射だ。敵に大ダメージを与える事ができるぞ。

 と、まあゲームの詳しい説明はここまでにしておいて、やはりみんなが注目しているのは“ミジン娘”に果たして萌えることができるかという点だろう。しかしその点はどうやら全く心配無用のようである。

“ミジン娘”のフォルムは、全くデフォルメしていないそのまんまのミジンコにリボンをつけただけというもの。やっつけともとれるこのデザインだが、プレイヤーからは「擬人化しないのは流石にレベル高い…レベル高くない?(畏敬)」「ミジンコフェチにはたまらんだろうな。内臓透けてるし、エロすぎでしょ」「思った以上にミジンコだった」「スケスケやんか!」と高評価。内臓透けにエロさを見出すのは、世界広しといえどHENTAI大国ニッポンだけであろう。

 また、ミジンコが手を振って移動するさまは「お化けみたいでひたすらカワイイ」と評判。実はもともとミジンコは、一部マニアからはなかなかカワイイ生物と評判であった。そのためデフォルメをしない作戦は見事に大成功しているようである。

 ではせっかくなので、最後にミジンコについてみんなが勘違いしていそうなことを2つ紹介しよう。まず1つ目はミジンコを正面から見たときのフォルム。学校の教科書などで掲載されているミジンコの写真はほとんどが真横、そして今作でも定番の横姿が採用されてる。そのためミジンコの正面はあまりなじみがなく、大勢の人はなんとなくペンギン的な可愛らしい正面姿を想像するらしい。しかしそれは全くの間違い。なぜならミジンコは実は単眼生物で、正面から見ると顔の中央に大きな目が1つついているという、化け物みたいな姿をしているのだ。

 そしてもう1つのミジンコについての勘違いは、実はミジンコは単細胞生物ではないということ。ミジンコ遺伝子は3万1,000個以上もあり、人間より8,000個も多いのだ。また、ミジンコはあんなに小さいのに甲殻類に分類されている。

 ミジンコのこういった驚愕の生態から「ミジンコは実は宇宙から来たエイリアン」なんて都市伝説もあるが、奇しくも今作『大怪獣ミジン娘』はミジンコが世界を征服を目指すゲーム… 何やら裏の匂いが……!? 果たして今作はエイリアン・ミジンコが世界を征服する未来を暗示しているのか? とりあえず、まずはミジンコに萌えて相手を研究し、来る対決の日に備えよう!

最終更新:8/7(日) 16:00

おたぽる

なぜ今? 首相主導の働き方改革