ここから本文です

レアルの17歳神童、やはり放出へ。本人はリバプール行きを希望

フットボールチャンネル 8/7(日) 11:40配信

 レアル・マドリーの17歳MFマルティン・ウーデゴーに移籍の噂が流れている。6日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 北米ツアーから帰国したマドリー。同遠征には多くのカンテラ(下部組織)のプレーヤーたちも同行しており、ウーデゴーもその一人としてトップチームに帯同していた。

 しかし、同紙によれば、このノルウェー人の”神童”はこのままレアル・マドリー・カスティージャには戻らずに、近日中にも他チームへと武者修行に出される見込みが高いという。

 マドリー側は、先日ヴォルフスブルクへと移籍させたカンテラ選手のFWボルハ・マジョラル同様にブンデスリーガへと送りたいようだが、ウーデゴーとその父親のハンス・エリク・ウーデゴー氏はリバプールへの移籍を望んでいるということだ。

 最近では、ウーデゴーの獲得やその処遇が、全てフロレンティーノ・ペレス会長の肝いり行われていると報じられており、現場サイドとの扱いの温度差が指摘されていた。リバプールは、2015年冬、ウーデゴーがマドリーに移籍する際にも獲得競争に参加していたチームでもある。果たしてウーデゴー父子のラブコールは届くのか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/7(日) 11:41

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革