ここから本文です

お料理上手の石原さとみ、お得意料理&お気に入りの食器を公開 [with]

講談社 JOSEISHI.NET 8/7(日) 17:30配信

いつも自然体なイメージの石原さとみさんは、やっぱりお料理が大好き! お家に友人が集まる時は料理でおもてなしをするのだとか。何を参考にして、どんな料理を作っているの? 気になるさとみさんのお料理Q&Aを聞いてみました!

Q.キッチングッズの収納はどうしてる?
A. おしゃれさより一番効率的な方法を選ぶ!
たとえば、冷蔵庫と壁の隙間があったらそこに合う収納グッズをネットで調べて購入。ぴったり 収めるのが気持ちいいタイプです(笑)。

Q . 料理をするときに参考にしているのは?
A. とにかくクックパッドが重宝してます!
休日もソファに寝そべりながら、「冷蔵庫にあの食材余っていたなぁ」とか考えながら検索して夜ご飯のメニューを決めています。

Q.食器を買うお気に入りのショップは?
A. 洋食器だったら 「シボネ」がおすすめ♪
シボネはエスニック料理に合う食器も多くてお気に入り。あとは旅先で買うことが多いですね。

Q . 最近うまくいったなっていう料理は?
A. サーモンと鶏肉のスパイスたっぷりグリル!
サーモンと鶏肉を食べやすいサイズに切って、クミンやセロリソルト、コリアンダーパウダーなどのスパイスをぶわぁーっといろいろかけて、最後に米粉をまぶしてそのまま焼くだけ! 簡単なのに友達の評価も高く、おすすめの一品です。

「料理が楽しくて最近は自炊ばっかりですね。外にごはんを食べに行くのも好きなんですけど、冷蔵庫に余っている食材が気になっちゃって。このズッキーニどうしよう? このコを助けてあげなきゃ!って(笑)。それでまた違う食材を買い足すからその繰り返し......。あるものだけで作れるのが本当は最高なんですけどね。冷蔵庫のなかは一応把握しているから、仕事帰りに作りたいものに合わせて材料を買い足す感じです。」

with9月号では「石原さとみが休日にしていること、全部。」を特集。休みの日の過ごし方や気になるファッションなど、さとみさんの“今”を大解剖☆ ぜひチェックを!

最終更新:8/7(日) 17:30

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。