ここから本文です

ストレスフルな通勤電車で会社に行く理由はもうない --- 内藤 忍

アゴラ 8/7(日) 7:11配信

ここ数週間、毎週金曜日の朝は、丸の内朝大学マネーコミュニケーションクラスの授業で大手町に行っています。8時過ぎに授業が終わって、移動の際、地下鉄に乗りました。8時台の通勤ラッシュに電車に乗るのは久しぶりです。

毎日通勤している時は、あまり感じなかったのですが、銀座線で渋谷方向に向かう電車は、かなりの混雑。多くの乗客が、蒸し暑く、動けないくらいに混雑している車内で強いストレスを感じていたと思います。

そんな車内でふと思ったのは「こんなに多くの人が同じ時間に移動してオフィスに集まるメリットは何か」ということでした。

これは、工場で製造業の仕事をするような、一カ所に集まってやるしかない仕事のスタイルが、未だに何となく残っているだけの「過去の遺物」です。パソコンが自宅にあって、通信環境が発達した今、少なくともホワイトカラーの人は、常に同じ時間に一カ所に集まらないと仕事が出来ないということは、無くなっています。

むしろ、通勤のストレスや、クリエイティヴィティの阻害といったデメリットの方が大きいと思います。

私自身、会社に勤務する仕事をやめて、独立してからは、仕事はほとんど自宅やカフェなどでやっています。ミーティングや現地視察といった、どうしても仕事をしているメンバーと顔を合わせる必要のある仕事以外は、どこでやっても問題ありません。これは、会社員だろうと自営業だろうと変わらないはずです。

通勤だけではなく、ランチタイムにも似たようなことを感じます。オフィス街では12時になると一斉にお店に行列ができます。同じ時間に一斉に食事をする。これも工場のラインが止まって、昼休みという製造業の発想がまだ残っているからだと思います。

私は通常、1時以降、時には2時以降にランチを食べるようにしています。最近は3時くらいまでランチをやっているお店も増えてきて、待ち時間も無く、ゆったりとしたランチタイムを過ごしています。そんな人が増えれば、お店の混雑も平準化されます。

フレックスタイムなどで多少は柔軟な勤務形態が認められているのかもしれませんが、柔軟な勤務形態はもっと広がっても良いと思います。通勤のストレスから解放されれば、人生は劇的に変わります。仕事の形態が多様化すればするほど、人の動きが分散し、快適な生活環境に近づいていくのです。

※毎週金曜日に配信している「資産デザイン研究所メール」(http://asset-design.jp/services/mailmagazine.php)。資産を守り増やすためのヒントから、具体的な投資のアイディア、そしてグルメな情報まで、メールアドレスを登録するだけで無料でお届けします。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身でお願いいたします。

編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2016年8月6日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログ(http://www.shinoby.net/)をご覧ください。

内藤 忍

最終更新:8/7(日) 7:11

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

なぜ今? 首相主導の働き方改革