ここから本文です

マンU戦力外のシュバイニーにガラタサライ移籍が浮上 鍵を握るのは独代表で共闘した盟友か

Football ZONE web 8/7(日) 16:01配信

トルコの名門がバレンシアとのダブル獲りを画策か

 マンチェスター・ユナイテッドで戦力外となった元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーに、トルコのガラタサライ移籍の可能性が浮上している。トルコのスポーツ紙「AMK」が報じた。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 シュバインシュタイガーは昨夏に下部組織から過ごしてきたバイエルンを離れ、ユナイテッドに移籍した。しかし今夏、ジョゼ・モウリーニョ新監督の下では戦力外となり、リザームチーム行きを命じられた。指揮官はシュバインシュタイガーの32歳の誕生日である8月1日に個人面談を行った際、「ロッカールームを片付けるんだ」と非情通告を行ったと伝えられている。

 7日に行われるレスター・シティとのコミュニティー・シールドのメンバー25人からも外れるなど、もはやクラブに居場所のなくなったシュバインシュタイガー。バイエルン復帰については、カルロ・アンチェロッティ監督がその可能性を否定していた。そこで新たに手を差し伸べたのはトルコ名門のガラタサライで、エクアドル代表MFアントニオ・バレンシアとのダブル獲りを画策しているようだ。シュバインシュタイガーには350万ユーロ(約4億円)、バレンシアに150万ユーロ(約1億7000万円)の移籍金を提示すると見られている。

昨夏移籍したポドルスキが説得?

 シュバインシュタイガーの獲得に向けて鍵を握る存在となりそうなのは、昨夏にガラタサライに加入し、ドイツ代表で長くともにプレーしてきたFWルーカス・ポドルスキ。クラブはポドルスキに、シュバインシュタイガーを説得するように要求したとレポートされている。

 国際プロサッカー選手会(FIFpro)は「マンチェスター・ユナイテッドは、シュバインシュタイガーを無理やり移籍させるような状況に強いている。彼は特定の仕事のために雇われている。彼にトップチームと練習をさせなければいけない。世界中の他のクラブの好例にならない」と厳しく批判。FIFproメンバーでスロベニアの弁護士、デヤン・ステファノビッチ氏は「これは明確なイジメだ。スロベニアでは我々はモウリーニョを告訴し、最高で懲役3年を求刑できることになる」と、ポルトガル人指揮官の投獄を要求している。

 今夏に120キャップを記録したドイツ代表からの引退も表明し、クラブでの戦いに専念することを発表したばかりのシュバインシュタイガーだったが、その立場は非常に厳しくなった。マンチェスターでの挑戦はわずか1年で終わりを告げ、トルコへ旅立つことになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/7(日) 16:01

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。