ここから本文です

ユーベ、ポグバの代役も同じ“敏腕”代理人が担当? PSGの仏代表MFを獲得か

フットボールチャンネル 8/7(日) 13:00配信

 ユベントスは、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が迫っているフランス代表MFポール・ポグバの代役に、再びポグバと同代理人の顧客を獲得するようだ。2日にイタリアの『カルチョメルカート.com』が報じた。

【写真】有名選手の美人パートナーも登場! スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ポグバの代役を探しているユベントスは、以前からパリ・サンジェルマンのブレーズ・マテュイディに関心を示している。代理人がポグバと同じミーノ・ライオラ氏であることからも、同選手の取引中に何度も獲得を勧められたようだ。

 マテュイディの放出を仄めかすかのようなエピソードが起きた。フランスでスーパカップが開催され、PSGとオリンピック・リヨンが対戦。試合はPSGが4-1で勝利したが、マテュイディはベンチに座ったまま出場する出番が与えられなかった。

 現在29歳のマテュイディは、2011年にPSGへ移籍。5年間で240試合に出場し、26得点と23アシストを決める活躍で国内タイトル獲得に貢献した。しかしマテュイディは、クラブと2018年まで契約が結ばれているにもかかわらず、新たな経験を積むために移籍したいことをこれまで何度もクラブの幹部に伝えている。

 そこで、PSGのオーナーであるナーセル・アル=ヘライフィー氏は、マテュイディを2500万ユーロ(約28億円)で売却することを決意。ユベントスは、ポグバの売却が正式発表される前にすでに同選手の獲得へ乗り出すつもりでいると報じられている。

 タイトルマッチで起用されなかったことは、移籍市場へ伝える何か重要な合図なのかもしれないようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/7(日) 13:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。