ここから本文です

マンUの伝説、ポグバの年俸に苦言「22億円以上に値する選手なんていない」

フットボールチャンネル 8/7(日) 15:00配信

 かつてマンチェスター・ユナイテッドやイングランド代表で活躍したリオ・ファーディナンド氏は、サッカー界の異常なインフレについて苦言を呈している。6日付の伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ファーディナンド氏は、ユナイテッドで12シーズンを過ごした。その間に、クリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリー)、ライアン・ギグス氏、ポール・スコールズ氏、そしてウェイン・ルーニーと様々なワールドプレイヤーとプレーして来たが、間もなくユベントスから同クラブへ移籍するとみられているポール・ポグバの移籍金と年俸は高すぎると考慮している。

「ポグバが1億ユーロ(約112億円)以上の価値があるのかどうかは私には分からないけれど、世の中に年俸2000万ユーロ(約22億円)以上の価値がある選手などいない」とポグバだけではなく現在のサッカー界のインフレ状態に苦言を呈した。

 一方ファーディナンド氏自身も当時のDFとして最高額の移籍金でユナイテッドへ移籍した。「12年間で6回プレミアリーグを制してその元は返したさ。そういう点で見れば、クラブは良い買い物をしたと思うよ」と当時のことを振り返っている。

 ファーディナンド氏に限らず、すでに多くの人がポグバの移籍金に疑問を感じているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/7(日) 16:25

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)