ここから本文です

闘莉王が崖っぷちの手倉森Jに喝! 次戦必勝へ“自分たちのやり方”を捨て「謙虚に必死に戦え」

Football ZONE web 8/7(日) 19:22配信

生き残りを懸けた第2戦のコロンビア戦に向けて、「最少失点」の重要性を説く

 元日本代表DF田中マルクス闘莉王が、5日(現地時間4日)に行われたリオデジャネイロ五輪のグループリーグ初戦でナイジェリア代表に4-5で敗れた手倉森ジャパンの立て直しの鍵に、ベスト16に進出した2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)での日本代表の戦いぶりを挙げた。明らかに調整不足の相手に大量5失点を喫したチームに謙虚さと必死さを求め、「イタリアのようなカテナチオでいい」と提言。コロンビアとの第2戦での勝利と決勝トーナメント進出に向けて、最少失点に抑える重要性を訴えた。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 昨季限りで名古屋グランパスと契約満了になった闘莉王は、ブラジル1部クラブからオファーを受けたものの条件面で折り合わず、現在は祖国ブラジルで自主トレを続けている。リオ五輪期間限定で「Football Zone Web」の特別解説を務めることになった闘将は、ナイジェリア戦で最終ラインが信じられないようなミスを連発して失点を重ねた手倉森ジャパンについて、チームに襲いかかった目に見えないプレッシャーの存在を指摘した。

「初戦の前に日本の選手には相手のナイジェリアの情報が入っていたと思う。ナイジェリアの到着が遅れている。アメリカから出発できない。7時間前にやってきたとかね。そういう情報が日本にとっては良くなかった。焦り、プレッシャーに変わった。俺らは勝たないといけない、とね。逆に追い込まれたと思う。それで難しくなった」

 サッカー協会のドタバタ劇により、ナイジェリア五輪代表はブラジル入りが4度もドタキャンとなり、試合当日になってようやく開催地マナウスに入るという前代未聞の事態を迎えた。コンディション面で圧倒的に不利なアフリカ王者に勝たなければいけない――。この想いが日本の選手に焦燥感を募らせ、初戦のプレッシャーを増幅させた要因になったという。

「つまらないサッカーと言われてもいい」

「勝っていれば(グループリーグ突破の)チャンスだった。同じB組のスウェーデンとコロンビアが引き分けたから、初戦で勝っていれば次のコロンビア戦は引き分けで良かったんだ。日本は勝たなければいけない試合だった。(コンディション不良だった)グループBの他の2チームは、初戦のナイジェリアと対戦したら勝っていたと思う。ナイジェリアは次の試合では、一息ついてからサッカーができるから、初戦のような姿はもう見せないはず。日本が手にしていたアドバンテージは、他の国にはなかっただけにもったいなかった」

 グループリーグ突破に大きく近づく千載一遇のチャンスを逃した若きサムライへの、闘莉王の檄は続く。

「開催地に到着して7時間後に代表戦をしたことなんて自分はない。ナイジェリアはすごいと思う。タフだね。そんなナイジェリアを相手に、日本はどんな準備をしてきたんだ? 最後の最後で準備に失敗したナイジェリアが、こうやって念入りに準備してきた日本に勝つ。だけど、すべては今に始まったことではない。日本はまず守備をしなければいけないし、悪くても1失点で収めないといけない。そう考える必要がある」

 日本代表が世界で勝利を収めるための条件に、闘莉王は「最少失点」をキーワードに挙げている。

「日本は世界とは胸を借りるつもりでやらなければいけない。自分たちのやり方とか、そんなことを言っている場合じゃない。謙虚さが必要だ。2014年のブラジルW杯でも同じこと。『自分たちのサッカー』と言いながら何も残せなかった。(南アフリカW杯からの)4年間を無駄にしてしまった。

 最少失点で試合を締める。まずは、そこを目標にすべきだ。自分たちが南アフリカW杯でやったように……。1点も許さなければ、どういう展開になるか分からない。イタリアのようなカテナチオでもいい。つまらないと言われてもいい。国際大会では、勝たなければ意味はないのだから」

1/2ページ

最終更新:8/7(日) 20:55

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ