ここから本文です

ドイツ代表の至宝、“移籍発言”でクラブから1000万円の罰金処分を受ける

フットボールチャンネル 8/7(日) 17:01配信

 ヴォルフスブルクは、移籍発言をしたドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーに対して罰金処分を下したようだ。6日付のドイツ紙『ビルト』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 昨年夏にシャルケからヴォルフスブルクへと移籍し、背番号10のエース番号まで与えられたドラクスラー。しかし同選手は、2020年まで契約が結ばれているにもかかわらず、先日「ヴォルフスブルクから出て行きたい」や「チャンスがあれば世界トップクラスのクラブに行きたい」といった移籍を希望する発言をしていた。

 これを受けて、クラブ側は「チャンスがあれば移籍できるなどという口頭合意は書面でも口頭でも存在しない」として公式声明で退団を却下。さらに今回クラブは、ドラクスラーに対して10万ユーロ(約1000万円)の罰金処分を科す決断をしている。

 現在トップクラスのクラブとしてアーセナルが同選手の獲得を狙っていると報じられているが、今の所正式なオファーは何1つ届いていないという。昨夏には、ユベントスと個人合意に至っていたものの、金銭面でクラブ間合意に至らずに移籍が破談になっている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/7(日) 17:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。