ここから本文です

EUROで話題を呼んだ伊代表FW、新天地はミラン? 移籍金34億円で獲得か

フットボールチャンネル 8/7(日) 19:03配信

 中国資本が株式を買収することで合意したミランだが、EUROで話題を呼んだイタリア代表FWシモーネ・ザザの獲得を狙っているようだ。7日、イタリア『イル・メッサッジェーロ』が報じている。

【動画】伊紙称賛 ミラン本田、得点を生む“多彩な技”特集 カウンター、ドリブル、セットプレー…

 ザザはドイツ戦の延長後半終了間際に途中出場を果たし“PK職人”として活躍が期待されたが、結局印象的なキックフォームを試しながらも失敗に終わった。同選手のキックフォームはSNS上で大きな話題を呼んだ。

 ミランはエースFWカルロス・バッカを移籍金3000万ユーロ(約38億円)で放出した場合、その資金でザザを獲得するとみられている。選手自身も関心が噂されていたヴォルフスブルクよりもミラン移籍を望んでいるようだ。

 中国資本による買収決定によって補強戦略を進めることが可能となったミラン。次世代のエースを獲得することができるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/7(日) 19:03

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。