ここから本文です

マルセロ告白、最も驚いたジダン監督の一面は「落ち着きぶり」

フットボールチャンネル 8/7(日) 19:40配信

 レアル・マドリーのDFマルセロは、ジネディーヌ・ジダン監督の落ち着きぶりに驚かされているようだ。5日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 マルセロは、インタビューの中で、ジダン監督について「選手の事をよく理解してくれる素晴らしい人物だ。短い時間で監督としての才能を見事に示した。まさに勝利者だ」と称賛する。

 そして、ジダン監督のスタイルについて「彼はポゼッションを好むので、ボールを失ったら我々は必死に奪い返しに行かなければならない」と述べるが、「彼について最も驚かされるのは、我々に物事を説明するときの落ち着きぶりだ」と打ち明ける。

 「2007年にマドリーに加入して以来、ずっと自分のベストを捧げてきた」と語るマルセロ。まだ28歳だがチーム最古参の一人として、まずは9日のUEFAスーパーカップに向け「マドリーに関わる全ての人々にとって、スーパーカップの勝利でシーズンを開始できれば素晴らしいことだろうね」と思いを口にした。

フットボールチャンネル

最終更新:8/7(日) 19:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。