ここから本文です

ルイス・エンリケ、リバプール戦惨敗にも前向き「今日は我々の日ではなかった」

フットボールチャンネル 8/7(日) 20:10配信

 リバプールとの親善試合に0-4と大敗したバルセロナ。それでも、指揮官のルイス・エンリケ監督は前向きだ。6日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ルイス・エンリケ監督は「2つのリズムの全く異なるチームが戦った。我々の日ではなかった。数々の明らかなミスを犯していたし、戦う術がなかった」と完敗を認めている。

 そして「後半、ラッキーな形(マスチェラーノのオウンゴール)で得点を与えてしまったことで、勝負は決した。両チームの違いは明らかだった。しかし、我々はこのまま我々の準備を続けていく」と前向きなコメントを残す。

 さらに「手痛い一敗だった。が、こういう結果はいつものものではない。シーズンに入れば、こういう結果になることはそうそうないだろう」と述べ、「我々は成長している。セビージャとのスペインスーパーカップでどうスタートを切るか、という事については心配していない」とこの敗戦の影響がないことを強調している。

 オリンピック参加中のネイマールを欠いたものの、リオネル・メッシ、ルイス・スアレスもスタメンに名を連ねた試合での完敗だが、指揮官からは悲愴な発言は生まれなかった。今後の調整ぶりに注目だ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/7(日) 20:34

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。