ここから本文です

大麻合法化のコロラド州、大麻食品の誤食で治療を受ける子どもが増加

Forbes JAPAN 8/7(日) 17:00配信

米国医師会(AMA)が発行する医学誌「JAMA小児科学」に発表された新たな報告によれば、大麻の合法化により、親が隠し持っていた大麻を誤って使用した子どもが病院で治療を受けるケースが増えている。大麻が入ったクッキーやキャンディ、ブラウニーなどは、安全な場所に保管しておかないと、幼い子どもにとって危険な誘惑になってしまう可能性がある。



調査では、コロラド州で娯楽用大麻が合法化される2年前の2009年1月から、合法化2年後の2015年12月までの小児科の入院件数を比較した。この期間に大麻の摂取が原因で入院した子どもの数は、アメリカのそのほかの地域では19%の増加だったのに対し、コロラド州では34%の増加だった。このうち半数近くは、医療用大麻ではなく娯楽用大麻が原因で、入院した子どもの平均年齢は約2歳だった。

研究者たちは、子どもたちが大麻の摂取に至る典型的な経緯についても解明。多くのケースで「子どもの行動をきちんと監視していなかった、あるいは大麻製品をきちんと保管していなかったと報告された」という。全体の半数強のケースで、大麻食品が原因だった。

コロラド州の州法は、大麻食品の販売にあたって、子どもが簡単に開封できない個別包装にすることを義務付けている。だが自宅で開封をした後は親が、好奇心旺盛な子どもの手の届かない安全な場所に保管して、さらなる予防措置をとらなければならない。

幸いにも、大部分の子どもたちは病院で長い時間を過ごさずに済んでいる。多くは診断と治療のみで入院の必要はなく、入院になった場合でも一般に1泊で退院できている。

報告書の筆頭著者であるG・サム・ワン博士によれば、大麻の摂取が原因で病院を訪れる子どもの半数以上にみられた症状が「倦怠感と眠気」。より深刻なケースでは、呼吸障害や昏睡状態に陥る症状があった。

これから大麻を合法化しようとしている各州に対し、ワンは「このように子どもたちが大麻にさらされる、あるいは大麻を摂取するのを防ぐために有益な、適切な規制や規則を検討」するようアドバイスしている。

David DiSalvo

最終更新:8/7(日) 17:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント