ここから本文です

【J1採点&寸評】大宮×福岡|熱闘90分。ともに一歩も引かない試合はセットプレーで決着

SOCCER DIGEST Web 8/7(日) 7:00配信

大宮――攻守のバランサーとして光った金澤のプレー。

【チーム採点・寸評】
大宮 6
前半をスコアレスで折り返して難しい展開になったが、高い位置でプレーするようになった家長が後半に入って本領を発揮。数多くのチャンスを演出したばかりか、決勝ゴールも奪ってチームを勝利に導いた。
 
【大宮|採点・寸評】
GK
21 塩田仁史 6.5
ピンチの場面で好セーブを連発してゴールを死守。守備面での立役者。1-0での勝利の貢献度は高い。
 
DF
13 渡部大輔 6
後半は押し込まれるシーンもあったが、豊富な運動量を武器に何度も右サイド駆け上がったプレーが光る。
 
2 菊地光将 6
河本とのチャレンジ&カバーの連係は問題なし。ベテランらしいプレーでゴールを守り抜いた。
 
3 河本裕之 6
ピンチの場面にも落ち着いて対処。クロスボールをしっかりと跳ね返してゴールを許さなかった。
 
20 大屋 翼 5.5
前半はバランスを取りながらプレー。後半は起点を作る家長と連係しながら、効果的な攻撃参加を見せた。
 
MF
23 金澤 慎 6.5
横谷とのバランスも良く、中盤の守備、ボールの配球役としての役割を果たした。厳しい試合も及第点。
 
17 横谷 繁 6
前半は物足りない出来だったが、後半に入ってエンジンがかかった。家長とともに、先制点までの流れを作った。
 
16 マテウス 5.5(69分OUT)
右サイドでボールを受けて積極的に攻撃に絡んだが、チャンスを演出できず。やや不完全燃焼に終わる。
 
39 泉澤 仁 5(90+2分OUT)
後半は決定的なシュートを打つなどチャンスに絡んだが、試合を通して、もっと積極的に仕掛けてほしかった。
 
 

大宮――家長昭博の存在感。質の高いプレーで大宮に勝利をもたらす。

W
7 江坂 任 5(80分OUT)
本人だけの問題ではないが、もう少し前線での存在感が欲しかった。福岡に怖さを与えられなかった。もっとやれる選手。
 
41 家長昭博 6.5(82分OUT)
存在感は抜群。特に、高い位置でプレーするようになった後半は、1人だけ異次元のプレー。決勝ゴールも奪った。
 
交代出場
FW
8 ドラガン・ムルジャ(69分IN)
投入後、先制点を奪うも試合の流れは福岡に。そのなかで 存在感を示せず、流れを変えることができなかった。
 
DF
22 和田拓也 -(82分IN)
守備固めで投入されたが、落ち着いてプレー。福岡の猛攻を跳ね返して1-0の勝利に貢献した。
 
MF
18 横山知伸 -(90+2分IN)
プレー時間は2分。評価の対象になるようなプレーはなかった。
 
監督
渋谷洋樹 5.5
内容的には、どちらが勝ってもおかしくない試合だったが、ワンチャンスを生かして勝利。連敗を2で止め、チームに6試合ぶりの勝利をもたらした。
 
 

1/2ページ

最終更新:8/7(日) 7:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。