ここから本文です

【磐田】ワールドクラスの一撃も空砲に…。小林祐「勝ちたい気持ちが増えて、逃げ腰なプレーになった」

SOCCER DIGEST Web 8/7(日) 13:15配信

GKが一歩も動けない“ワールドクラス”の一撃で勝ち越すも…

「間違いなく勝ちゲームだったと思う」
 
 試合後、名波浩監督がこうコメントしたように、内容で互角以上の戦いぶりを見せた磐田にとっては、受け入れがい結果だっただろう。

 複数人が有機的に絡む細かなパスワークをベースに試合序盤から主導権を握ると、8分に森島康仁のゴールで先制した。その後、PKで1点を返したFC東京に押される場面もあったが、4バックにシフトした後半は「完全にムリキをサイドで孤立させられた」(名波監督)こともあり、再びペースを取り戻す。
 
 指揮官が「勝ちゲームだった」と評したのも、そうした事実を踏まえてのものだろう。後半は立ち上がりから20分が経過するまでに三度の決定機を作る。そのうちのひとつをモノにしたのが、司令塔の小林祐希だった。
 
 52分、敵陣右サイドでボールを受けると、中央へ侵入しコースを見極めて迷わず左足を一閃。右にカーブがかかりながら絶妙なコースを突いたシュートは、ゴール左ポストに当たってそのままネットを揺らした。
 
 GKが一歩も動けない“ワールドクラス”の一撃。小林にとっては第2ステージ初ゴールとなる1点でチームを勢いづかせたが、その後に2失点して逆転負け。この結果に当然ながら満足できるはずはなく、試合後はチームの不甲斐なさに苦言を呈すように、こう吐き出した。
 
「勝たなきゃいけないです。(1点リードした後は)勝ちたい気持ちが増えて安パイ、逃げ腰なプレーになった」
 
 実際、名波監督も「色気が出た選手が何人かいた」と語っていたが、1点をリードした余裕が奢りを招いてしまったと、小林は分析する。一方で、自らのゴールについては多くを語らず、「もっと打てるチャンスがあったなと感じた」と、唇を噛んだ。
 
 とにかく悔しさしかない――。そんな想いは「今日は悔しいので、これくらいしか話せないです」と足早にミックスゾーンを去った姿からも感じられた。
 
 
取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:8/7(日) 21:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。