ここから本文です

【リオ五輪】敵将も要注意人物に挙げる「コウロキ」。背番号13は窮地の日本を救えるか

SOCCER DIGEST Web 8/7(日) 16:19配信

「相手は厳しくマークに来るだろうし、それをかい潜るようなプレーをしないといけない」

「13番のコウロキは、良く動いて経験もあるスマートなプレーヤー」
 
 前日会見でコロンビアのカルロス・レストレポ監督は、日本の要注意人物を挙げる際、唯一興梠慎三を名前付きで呼んだ。(その他に挙がった中島翔哉と遠藤航は、「左サイドのナンバー10はグッドプレーヤー」「ナンバー3のキャプテンは攻守にチームの中心を担う選手」)。それだけ、手倉森ジャパンの“攻撃の核”を警戒しているのだろう。
 
 そのことに水を向けられると、興梠は照れとも苦笑とも取れる表情を浮かべながら、コロンビアの印象について語る。
 
「本当ですか(笑)。まあ、そういう風に言ってくれるということは厳しく(マークに)来るだろうし、それを掻い潜るようなプレーをしないといけない。でも、まずは失点しないことが一番重要かなと思います。(コロンビアは)強いのは強いですけど、間違いなく勝てないという想いはまったくない。やっぱり守備から入って、0-0で耐えることによって向こうも(前に)出てくるはずなので、そういうところで小さい隙をどんどん狙って行ければいいなと」
 
 興梠は攻撃の選手だが、口を突くのは守備の話。やはり、5失点と崩壊した守備を立て直さなければ、勝機はないと考えている。日本らしい「組織的な守備」を出していきたいと意気込みを語る。
 
「ナイジェリアは中盤のパス回しが上手かった。『行ったけどなかなか取れない』という状況が続いて、(前に出て)行けなくなった部分もある。上手く(コースを)限定できていないのかなと。サイドに入れさせて、そこから中を切りながら取りに行くだけだと、そこからさらに中に行かれるので、上手くハマってない気がした。間あいだで簡単に受けられるような場面もあったので、(コロンビア戦では)自分たちがやろうとしていることを相手にやられてはいけない」
 
 興梠は「何回も言うようですけど」と前置きし、「(失点を)0で抑えないと厳しいのかなという気がします」と付け加えた。
 
「僕たちはもう(試合を)落とせないので、もちろん全力で勝ちに行く。一人ひとり責任と誇りを持ってやらないといけない」
 
 日の丸の重みを噛み締めながら、興梠は運命のコロンビア戦に向かう。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト特派)

【リオ五輪PHOTO】コロンビア戦前日練習

最終更新:8/7(日) 23:06

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。