ここから本文です

【FC東京】城福体制から移行しなにが変わったのか? 率直な質問に東慶悟が出した答とは

SOCCER DIGEST Web 8/7(日) 18:12配信

「球際でしっかり戦ったり、前からボールを追いかけることだったり、基本的なことがしっかりできている」(東)。

[J1第2ステージ7節]FC東京3-2磐田/8月6日/味スタ
 
 常にリードを許しながらも追いつき、後半アディショナルタイムに逆転ゴールを奪って劇的勝利――。篠田体制下で再建中のFC東京にとって、これ以上ない、最高な形での幕切れとなった。
 
 立ち上がりの8分に先制を許すなど、内容に目を向ければ決して褒められたものではなかった。前半に同点に追いついた後は主導権を引き寄せるも、後半立ち上がりにミスから失点。再び試合を振り出しに戻し、最後は逆転に漕ぎ着けたとはいえ、ドタバタした展開に「まだまだ未熟」(篠田善之監督)と、課題を指摘する。
 
 そんななかでも、きっちり結果を得たのは大いに評価できる。なにより、今チームが求めているのは内容より結果なのだから、大目に見ればそこまで悲観するものもない。また、前節・新潟戦(1-0)で掴んだ流れを無駄にせず、次につなげられた意味でも、この1勝の価値は見出せそうだ。
 
 いずれにせよ、これで体制移行後のFC東京は2戦2勝。好転の兆しを見せているが、一体、城福体制から移行してなにが変わったのか――。ある記者からの問いかけに、東は自らの考えをこう述べた。
 
「球際でしっかり戦ったり、前からボールを追いかけることだったり、基本的なことがしっかりできている。どんな戦いをするにしても、そこはベースとなる部分。篠さん(篠田監督)の下では、そういったことがしっかり落とし込まれている」
 
 東はさらに続けて、「僕たちは、内容が悪くても勝つことへのこだわりをマッシモ(・フィッカデンティ)の下で2年間学んだ。城福さんの下では、魅力的に戦おうとする意識が働いて結果が出なかったけれど、篠さんの下ではそこに立ち返るような感じで、内容よりも結果にこだわって戦う意識でやれている」とも述べている。
 
 篠田監督の施策は、少なくともこの2試合では奏功している。果たして、この勢いのまま上昇気流へ乗れるのか、次節の神戸戦であらためて真価が問われる。
 
 
取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:8/7(日) 19:16

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。