ここから本文です

【現地発】イブラヒモビッチはユナイテッドに何をもたらすか!?

SOCCER DIGEST Web 8/7(日) 18:32配信

勝利への意欲、欲望を体現する腹心を、モウリーニョは求めた。

 世界中がその去就に注目するなか、マンチェスター・ユナイテッド入りを果たしたズラタン・イブラヒモビッチ。7月30日、親善試合のガラタサライ戦でデビューを飾り、開始4分で迫力満点のバイシクルシュートからゴールを決めるなど、早くも見る者に強烈な印象を与えた。
 
 その後、エバートン戦(8月3日)ではオールド・トラフォードでのデビュー戦も果たしたイブラヒモビッチは、7日(現地時間)、レスターとのコミュニティー・シールドでいよいよ、公式戦デビューを飾ることとなる。
 
「今シーズン、我々が持ち帰る最初のトロフィーになるだろう」と、彼は最初のタイトルマッチに向けて必勝を誓った。
 
 いよいよ新たな挑戦が本格的に始まる34歳のスウェーデン人は、果たしてユナイテッドに何をもたらすのか。そして、ユナイテッドは何を、彼に求めているのか。ここでイングランドを代表する著名な記者に、改めて説明してもらおう。
 
――◇――◇――
 
 戦いの場を未知のイングランドに移したイブラヒモビッチ。彼にとってこれは、大きなチャレンジだ。強い意気込みを、本人もストレートに表現している。
 
「勝つためにマンチェスターにやって来た。時間を無駄にするつもりはない。自分の目標、つまり栄冠を勝ち取るためにここに来たんだ。勝つまで諦めない。それが目標だ。ヨーロッパリーグでもプレーするし、俺たちは全ての大会で勝ちにいく」
 
「俺にとって、この移籍は大きなチャレンジ。間違いなく新たなチャプターになる。この11年間で、俺は10回優勝を経験している。ユナイテッドでも栄冠を勝ち取りたい」
 
 このイブラヒモビッチの獲得を誰よりも強く希望したのが、新監督に就任したジョゼ・モウリーニョだった。プレミアリーグの覇権奪回を至上命題として課せられているポルトガル人指揮官は、それを叶えるための切り札として、イブラヒモビッチに白羽の矢を立てたのだ。
 
 モウリーニョがイブラヒモビッチに拘ったのは、主に次の3つの理由からである。
 
 ひとつは、「勝者のメンタリティー」を必要としたからだ。前述のコメントからも分かるように、イブラヒモビッチは勝利に対して並々ならぬ意欲を持っている。これこそ、アレックス・ファーガソンの退陣とともにユナイテッドが失っていたものだ。
 
 勝利に拘る意欲、タイトル獲得への飽くなき欲望を自らと共有し、それをピッチで体現する腹心を、モウリーニョは求めたのである。

1/4ページ

最終更新:8/8(月) 4:43

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。