ここから本文です

マンUがポグバのメディカルチェックを発表! 史上最高額で4年ぶりの復帰が確実に!

SOCCER DIGEST Web 8/7(日) 23:40配信

アメリカからマンチェスターに直接飛んだ模様。

 現地時間8月7日、マンチェスター・Uがユベントスに所属するフランス代表MFのポール・ポグバがメディカルチェックを受けることを発表した。
 
 以前から囁かれていたメガディールが、ついに実現する。EURO2016終了後、アメリカでバカンスを過ごしていたポグバは、8月8日からユベントスのキャンプに参加予定だったが、アメリカからそのままマンチェスターに渡った模様で、現地でメディカルチェックを受ける。
 
 イタリア・メディアによれば、移籍金は1億1000万ユーロ(約132億円)で、ユーベとの契約書に記載されていた代理人ミーノ・ライオラに支払うマージン(移籍金の20%)もマンチェスター・Uが負担するため、合計で1億3000万ユーロ(約156億円)の取引になるという。
 
 これが実現すれば、2009年にクリスチアーノ・ロナウド(マンチェスター・U→R・マドリー)、2013年にガレス・ベイル(トッテナム→R・マドリー)に支払われた9400万ユーロ(約112億円)を超えるサッカー界の新レコード(後者には1億ユーロという説もあり)となる。
 
 ポグバは2009年に15歳でル・アーブルからマンチェスター・Uのアカデミーに引き抜かれ、各年代のチームで活躍。しかし、トップチームでの出場機会の少なさに業を煮やして契約更新を拒否し、2012年に移籍金ゼロでユーベに旅立った。
 
 ユーベとセリエAのハイレベルな環境でさらに才能を伸ばしたポグバは、若手MFの中で随一のタレントと評価されるようになり、欧州中のメガクラブから狙われる存在に。今夏もレアル・マドリーをはじめ、バルセロナ、マンチェスター・C、チェルシー、パリSGなどが関心を示していたが、古巣のマンチェスター・Uはまず本人から合意を引き出すと、ユーベに対しては前記した通りの規格外の金額を用意し、ついに交渉成立に漕ぎつけた。
 
 8月7日にレスターとのコミュニティーシールドに臨むマンチェスター・U。試合後にもポグバ復帰が正式リリースされるかもしれない。
 

【2016年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ

 

 

最終更新:8/8(月) 2:42

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。