ここから本文です

夏のしょうがのメリットと保存法

NHKテキストビュー 8/7(日) 8:00配信

しょうがは体を温める働きから寒い時期に注目されますが、夏バテ予防にも威力を発揮する頼もしい存在なのです。でも、使いきれずにだめにしてしまうことも。しょうがをむだなく上手に使いこなして、元気に夏を乗り切りましょう!



* * *


■夏のしょうがのメリット


●清涼感があり、食べたあとはスッキリ、サッパリ。

●食欲増進パワーがあるので、夏バテで食欲のないときに!

●殺菌効果で、食中毒を予防する!

●冷房など夏の冷え対策には加熱して食べ、ほてった体を冷ましたいときには生で食べるべし!


■しょうがは買ってきたらその日のうちに、1/3量と2/3量に切り分けて!


1/3量(約30g)なら1~3回の料理で使いきれるので、使うまでそのまま保存。ただし風味がよいフレッシュなうち(3~4日中)に使いきって。



しょうがの保存方法は人によって、さまざま。テキストでしょうが料理を提案する3人の講師にふだんの保存方法を教えてもらったので、参考にしてください。



堤 人美さんの保存方法



しょうがは使いやすいように1かけずつに分けてペーパータオルで包み、しょうがが入っていた袋(なければポリ袋)に入れます。袋の口は閉じずにネットバッグに入れ、風通しがよく日の当たらない所につるして保存。



瀬戸口しおりさんの保存方法



しょうがはペーパータオルで包み、ジッパー付きの保存袋に入れます。口は閉じずに、冷蔵庫の野菜室に保存。


李 映林さんの保存方法



しょうがは保存容器に入れてふたをし、冷蔵庫の野菜室に保存。



■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2016年8月号より

NHK出版

最終更新:8/7(日) 8:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

NHKテキストビューの前後の記事