ここから本文です

内心イラッとする! 彼女の失敗・短所TOP10

R25 8/8(月) 7:00配信

完璧な彼女より、少し“抜けている”彼女のほうが癒される。失敗しても、「しょうがないな~」と笑って許してあげたい。しかし、あまり度が過ぎると、表面上は気にしないふりをしていても、内心あきれたり、許せない…と思っていたりする人もいるかも。そんな「実は見過ごせない彼女の失敗・短所」について、彼女がいたことのある20~30代の未婚男性会社員200人に聞いてみた。(R25調べ・協力/アイリサーチ)

■表面上は許しているけど、実は許せていない彼女の失敗・短所TOP10

(全14項目から1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで集計)

1位 わがままを言う 280pt
2位 食べ方が汚い 146pt
3位 デートの時間に遅れてくる 118pt
4位 飲み過ぎて悪い酒癖が出る 108pt
5位 自分(彼氏)の女友だちに嫉妬する 96pt
6位 寝言やいびきをかいたり、歯ぎしりしたりする 72pt
7位 飲み過ぎて戻す 62pt
8位 忘れ物、失くし物が多い 51pt
9位 下着がチラ見えする 43pt
10位 料理を失敗する 38pt

堂々の1位は「わがまま」。ドラマやアニメでよく目にする魅力的な“わがままヒロイン”も、実際付き合うとなると内心参っている男性は多い!? 「ごめんね~!」とスカートをひらひらさせて駆け寄ってくる彼女が目に浮かぶ「デートの時間に遅れてくる」というシチュエーションにも、実は許せていない…というシビアなポイントが集まった。それぞれに寄せられたエピソードを見てみよう。

●1位 わがままを言う 280pt
「会いたいと言われても物理的に無理な時に言ってもどうしようもできへんし、めんどくさい」(28歳)
「関係が悪くならないように敢えて指摘したりはしない」(30歳)
「どこかに連れて行ってほしいと言われ、いろんな場所を選んだが、全てに難癖をつけられてしまった。結局彼女が決めた場所になり、否定したことを謝られたが、正直むかっとした」(37歳)

●2位 食べ方が汚い 146pt
「正直、育ちが悪いと思ってしまう。見た目にも汚いし、内心は許せない」(30歳)
「食事はお付き合いをしていれば必ず一緒に食べるのできつい」(31歳)
「いい店に連れていけないから」(35歳)

●3位 デートの時間に遅れてくる 118pt
「毎回少しだけ遅れてくる」(28歳)
「ほとんど時間通りに来ることがないので当たり前のようになっているところが気に障る」(34歳)
「いつも30分くらい遅れてきて、謝ってくれ、親切にしてくれますが、時間にルーズなのかなと思い、会社勤めではどうなのかなと心配です」(37歳)

●4位 飲み過ぎて悪い酒癖が出る 108pt
「飲み過ぎたのか、彼女が急に泣き出してしまった。訳が分からずその場は宥めて処理したが、内心許せていない」(32歳)
「他の男にちょっかいを出す」(33歳)
「偉そうに話す。強気になる」(34歳)

●5位 自分(彼氏)の女友だちに嫉妬する 96pt
「とにかくしつこく詮索する」(24歳)
「電話で会社の人間と話しているだけで機嫌が悪くなった」(37歳)
「昔からの友達なのに縁を切れという勢いで嫉妬するのは正直引く」(39歳)

●6位 寝言やいびきをかいたり、歯ぎしりしたりする 72pt
「一緒に寝ててうるさかった」(33歳)
「歯ぎしりが過去にあり、今まで経験になかったのでびっくりしたのときつかった」(34歳)

●7位 飲み過ぎて戻す 62pt
「情けないと思うから」(29歳)
「家が汚れた」(34歳)
「さすがに勘弁してほしい」(36歳)

●8位 忘れ物、失くし物が多い 51pt
「財布などの所在が分からなくなる」(28歳)
「お金を結構持っているのでものを大切にしない傾向がある」(39歳)

●9位 下着がチラ見えする 43pt
「自分と二人だけのときはいいが第三者がいる前でそれははしたない」(33歳)

●10位 料理を失敗する 38pt
「失敗するだけでなく、味付けがなんとも言えないほど不味い」(26歳)

一緒にいる時間が長い分、彼女の失敗が繰り返されると、内心許せないという男性は多いもよう。なかには、彼女との関係が悪くなることを懸念して、「あえて指摘しない」なんて涙ぐましいコメントも…。“抜け”や“スキ”は確かに愛されポイントだが、あまり度が過ぎると彼氏を疲弊させているかもしれない。女性の皆さんはご注意を!

(藤あまね)


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/8(月) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。