ここから本文です

桐谷美玲×山崎賢人の胸キュンドラマ“視聴熱”がヤバイ!

Smartザテレビジョン 8/8(月) 6:01配信

毎クール新ドラマが始まるたびにエンタメトピックスをにぎわしているのは、既に市民権も得て視聴者にも広く知られている「ビデオリサーチ社」調べの“視聴率”だが、それとは全く違う視点からテレビの盛り上がりを評価する新指標が、角川アスキー総合研究所「ついラン」と「週刊ザテレビジョン」で共同発表している“視聴熱”だ。

【写真を見る】山崎賢人演じる夏向に肩を抱き寄せられた美咲(桐谷美玲)は…?

視聴熱は、テレビ番組に関連して投稿されるツイート数を番組の盛り上がりを測る指標として角川アスキー総合研究所が独自に解析したもの。週刊ザテレビジョンでは、トレンド予測ページ「nexTwitter」でTV視聴“熱”ランキングとして、1週間分のドラマ・バラエティーの2ジャンルを発表している。

その視聴熱ランキングで、今クール大きな注目を集めているのが、毎週月曜に放送中の“月9”ドラマ「好きな人がいること」(夜9:00-9:54フジテレビ系)だ。

神奈川・湘南を舞台に、ヒロインの櫻井美咲(桐谷美玲)と、レストランを経営する3兄弟・柴崎夏向(山崎賢人)、千秋(三浦翔平)、冬真(野村周平)が繰り広げる爽やかで甘酸っぱい恋模様を描いた本作は、夏にピッタリのキュンキュン系ラブストーリー。

同ドラマの第1話放送週(7月11日~17日)の「TV視聴熱ランキング」を見てみると、視聴率ではドラマ部門で7位だったのに対し、視聴熱では25万5121tw(ツイート)を記録、2位に約19万tw数差を付けてぶっちぎりの1位だった。2週目も2位に約22万tw数の差を付け、圧倒的な盛り上がりを見せていることが分かる。

そして、先週8月1日の第4話では、放送当日のデイリーランキングで73633twを記録しこちらも2位に大差を付けて1位。ちなみに、本作はスタート前からSNSで話題になっており、6月20日~26日の週で総合2位、翌週6月27日~7月3日にも総合7位、スタート前週の7月4日~10日には既に総合1位となっていた。

ドラマや菜々緒ら出演者たちの公式Twitterでのツイートはもとより、“最多属性”である10代女性たちのキュンキュン系つぶやきが多々見られる。「予告だけでヤバイ」「最後のヤバイ!!」「賢人くんのチラ見がヤバイ!」「千秋様がヤバ過ぎる~」「美玲ちゃんのピュアさがヤバイ」など、10代女性らしくいい意味での「ヤバイ」ツイートがてんこもり。

それもひとえに、不器用なドS系=夏向を演じる山崎、優しい王子様=千秋を演じる三浦、チャラ男=冬真役の野村というイケメントリオの胸キュンせりふ&行為のおかげ。

8月1日の第4話ラストでは、夏向が美咲の「千秋さんと花火大会に行く」宣言に対し、「花火大会…行くなよ!」と真顔で引き止める姿で終わっており、次回へ向けて“四角関係”がどう進展していくのか期待を煽っていた。

そして8月8日(月)の第5話は、美咲は花火大会前日、千秋に告白しようと決意を固める。朝からソワソワする中、テレビ番組の浴衣特集を見ていると、冬真に「千秋と花火大会に行くのか?」と声をかけられる。肯定する美咲に、冬真は浴衣を着て行くよう勧める。

買い出しの途中、呉服屋に飾られた浴衣に引き寄せられる美咲だが、それを日村(浜野謙太)に見つかってしまう。

一方、千秋は別のことで頭を悩ませていた。ランチタイム中の「Sea Sons」に、愛海(大原櫻子)が現れたのだ。何か話がある様子の愛海だったが、千秋は聞く耳持たずに愛海を冷たく追い返してしまう。

日村に勧められるままに浴衣一式を買ってしまった美咲は、店に帰る途中、男に金を渡している楓(菜々緒)の姿を目撃する。楓は美咲に、友達に金を返していただけだと話し、花火大会の夜に街を出て行くと宣言する。

夜、美咲は夏向に楓のことを千秋に話した方が良いのかと相談。言う必要はないと答える夏向に、美咲は安心する。しかし、調子に乗って千秋のことを話し始めると、夏向に出て行けと言われ、けんかになってしまう。

そして、運命の花火大会の日。夏向とのけんかのことを気にしながらも千秋とのデートに向かった美咲は、千秋に思いを告げられるのか。

四角関係に何か進展がありそうな予感のする第5話も、ぜひ携帯を片手にご覧あれ。

最終更新:8/8(月) 6:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。