ここから本文です

卵を飾り切できるグッズで、イイネ!を大量ゲット

東京ウォーカー 8/8(月) 7:00配信

可愛く盛り付けた料理は子どもが喜んで食べてくれるだけでなく、SNSでたくさんイイネ!がつくのも嬉しいポイント。でも正直、凝った料理を日々作るのには予算も時間も足りないもの。そんなときに活用したいのが、ゆで卵の断面を飾り切できる便利グッズ「花卵(からん)コロン」。ウェーブタイプ、ジグザグタイプが2本セットになっている。

【写真を見る】飾り切りできる模様はジグザグ、ウェーブの2種類

本来断面をギザギザにして華やかに演出する「飾り切り」は、包丁の先端で切り込みを入れていく技術が必要。でも「花卵コロン」ならテクニックは必要ナシ。スティックの上にゆで卵を置いて転がすだけで、樹脂製の刃がジグザグやウエーブ模様をつけながら卵をカットしてくれるのだ。

樹脂製だから、子どもが使っても安心。レジャー用のお弁当やパーティ料理の仕上げに、親子で一緒に卵を飾り切りしても楽しそう。さらに凝りたいなら、飾り切した白身を丸い黄身の上にかぶせて顔をつければ、殻をかぶったひよこキャラのできあがり。上手に使えるかどうか心配な人は、YouTubeで作り方が紹介されているので「花卵コロン」で検索を。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/8(月) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。