ここから本文です

リオ五輪男子卓球・水谷隼「今回はイケる!」と手応え

NEWS ポストセブン 8/8(月) 7:00配信

 盛り上がりを見せるリオデジャネイロ五輪。卓球というと石川佳純や福原愛など女子が注目されがちだが、男子もメダルが期待できる! シングルス・ダブルスともに出場する水谷隼(27才)が意気込みを語る。

「この10年、世界ランキングのトップ4はすべて中国人選手。その壁を突き破れない自分に歯がゆさを感じています。でも、一枚一枚、薄い膜を剥がすようにして近づいているのも確かなことで。今回は、『イケる!』という手応えを感じています。激しいラリーを繰り返しながら、相手をじわじわと追い詰め、最後に豪快なスマッシュで決める! 試行錯誤しながら変えた攻撃型のプレースタイルが今のぼくの最大の武器です」

【プロフィール】
水谷隼/みずたに・じゅん●1989年6月9日生まれ、静岡県出身。5才から卓球を始め、中学2年生から5年間、ドイツに留学。今年1月の全日本選手権で、3年連続、史上最多タイとなる8度目の優勝。日本の絶対エースとして、自身3度目の五輪に挑む。172cm、66kg。

※女性セブン2016年8月18・25日号

最終更新:8/8(月) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。