ここから本文です

安室奈美恵 CMギャラランキングで女王・吉永小百合と並ぶ

NEWS ポストセブン 8/8(月) 16:00配信

 タレントの人気と格付けが最もストレートに反映されるのが「CMのギャラ」だ。本誌は、大手広告代理店から内部資料を入手。スポンサーがタレントを起用する際にテレビCMに加え、新聞広告やラジオ、イベント、WEBなどへの出演を含めた「年間契約料」として必要とされる金額をランキング化した。

 最新のランキングでは、長年トップの座に君臨していた大女優・吉永小百合(71)に、安室奈美恵(38)が並んだ(ともに推定1億円~)。

「安室の女性からの支持はバツグンで、コンサートは全国ツアーのどの会場も超満員。今年はNHKのリオ五輪テーマソングを歌うことも追い風となり、相場はグングンあがっている」(広告代理店関係者)

 選抜総選挙のテレビ中継が今年も17.6%と高視聴率を叩き出したAKB48。前回より1000万円アップの9000万~1億円で3位に食い込んだ。ここ数年は前田敦子(25)、大島優子(27)といった人気メンバーの卒業が相次ぎ、今後も小嶋陽菜(28)ら主力の卒業が控えているがCMの世界では人気健在、引く手あまただ。

 相変わらずの人気ぶりといえば綾瀬はるか(31・推定6000万~7000万円)もそう。前出の広告代理店関係者がこう明かす。

「綾瀬は化粧品の『SK-II』のCMに20年以上出演している桃井かおりのお気に入り。桃井がCM関係者と食事するたびに『あの天然キャラ、好きだわ』とべた褒めするんです。その評判は業界内であっという間に広まり、彼女の好感度を押し上げた」

※週刊ポスト2016年8月19・26日号

最終更新:8/8(月) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。