ここから本文です

山崎育三郎、尾上松也との対談で弱点を見抜かれる!?

Smartザテレビジョン 8/8(月) 12:23配信

WOWOWライブは、8月13日(土)にミュージカルスター・山崎育三郎を特集したスペシャル番組「密着!山崎育三郎 30歳。今までとこれからの1936秒」を放送する。番組の特別企画として、親友・尾上松也との対談が実現した。

【写真を見る】ミュージカルスターとして輝きを放つ山崎育三郎のこれまで、今、これからに迫る!

本番組は、“ミュージカル界のプリンス”と呼ばれる山崎が「とにかく、ミュージカルの魅力をもっと世に広めたい」という野望の中で過ごす日々に密着。

知られざる幼少期から歌との出合い、ミュージカル俳優の道を歩み始めるきっかけなど、自ら“山崎育三郎ヒストリー”を語る。

また、'16年6月から上演中のミュージカル「エリザベート」の稽古場にも潜入。ルキーニ役に向き合う姿を追う“たっぷり育三郎”なプログラムとなっている。

松也との対談では、カメラが回ると2人は照れくさそうな笑顔に。

互いを「まっつん」「いく」と呼び合い、舞台「エリザベート」('15年)のルキー二役をWキャストで務めた思い出を振り返っていると、あっという間に恥ずかしさや緊張はなくなった様子。

「舞台の緊張感」というテーマで、松也が「僕は初めての帝劇の通し稽古で頭が真っ白になった。いくのスゴさをあらためて実感したよ」と山崎を絶賛すると、山崎は「僕は、ありがたいことだけど、ミュージカルで大きな役を最年少でもらうことが多いから、こう見えて緊張することは多いな」と明かした。

トークのさなか、しばしば話題に挙がったのは共通の友人・城田優。「互いの印象は?」というテーマでは、松也が「いくはハートがタフだけど、その一方で、優はすごく繊細な人。繊細だから、優が舞台をやる時に心配で楽屋に顔を出したこともあったね」とどちらかといえば城田の話がメインに。

さらに松也が「優、きょうの対談も『呼ばれてない』ってすねてたよ(笑)」と明かすと、山崎は城田らしいと思ったのか大笑いしていた。

また、番組では、2人の将来観を探るべく山崎と松也に「10年後の履歴書」を事前にアンケート。

すると、なぜか山崎は履歴書を英語で記入。松也から「なんで?」と詰められても、山崎は真相を濁す。

しかし、松也が自身のフリップをまじまじと見て「僕、字が汚くて恥ずかしいんだよね!」とぼやくと、山崎も「僕も字が汚いのが悩み!」と同調。

鋭い松也が「もしかして英語で書いたのって…(字が汚いのをごまかすため)?」と不敵な笑みでツッコむと、山崎は「そうそう!(笑)」とあっさり小細工のタネ明かしをしていた。

“字が汚い”トークは大いに盛り上がり、山崎は「一緒に書道習おうよ!ちゃんと(教室に)通うやつね!」と念を押すと、松也は「よし。収録後に、きちんと話を詰めよう」と“達筆計画”にノリノリだった。

最終更新:8/8(月) 12:23

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。