ここから本文です

「パティピ」イベント初日に“めいめろ”らが心境を告白

Smartザテレビジョン 8/8(月) 18:00配信

テレビ朝日・六本木ヒルズ全域を舞台に開催中のイベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」では、六本木ヒルズアリーナに造られた特設ステージSUMMER STATION LIVEアリーナにて、8月11日(木・祝)から14日(日)の4日間にわたって、ターゲットを若者に振り切ったTEEN向けイベント「Parteen'S Party #パティピ」を行う。

【写真を見る】雑誌「Ranzuki」発売中止決定に伴い、一部内容が変更された!

“Parteen”とは10代(teen)の仲間(Party)であり、イベント(Party)を楽しむ来場者をさす。4日間のイベントを一緒に盛り上げ、「大人たちに負けない10代のパリピ…いや“パティピ”(ティ=teen)になろう」というメッセージが込められている。

その「Parteen'S Party #パティピ」初日に予定していた「Ranzuki 夏のパリピフェス」が、雑誌の発売中止決定を受けて、一部内容を変更して行われることが分かった。イベントのタイトルも「Ranzuki 夏のパリピフェス~16年間ありがとう~Supported by コロプラ」とサブタイトルを加え、16年間にわたって若者文化を支えてきた雑誌の“最後”を華々しく演出する。また、モデルたちが発売中止決定後、初めて今の心境を語るステージに注目あれ。

【出演モデル】原野愛弓(あいみぃ)、前川琳菜(りなち)、武田あやな(あやなん)、大和屋穂香(ほのちぃ)、田中芽衣(めいめろ)、松永有紗(あり)、大木玲奈(れーいん)、高橋美紅(みく)、SAKURA、和田優香(ゆーか)、涼海花音(すずみん)、山崎カノン(カノン)、杉本咲貴(さぁぽぽ)

また、同イベントのその他コンテンツは以下の通り。

■「恋するフリーク」音楽LIVE

恋するフリークとは、“恋したっていいんじゃない? だって女の子だもん“をコンセプトにオーディションの中から選ばれた、穴井樹乃、千原万樹乃、本夛栞、緑川春菜、横山花奈の5人によって結成されたアイドルグループ。

恋愛禁止というアイドル界では当たり前の暗黙のルールに反して、恋をすることは思春期の女の子に必要なこと、恋をすることで学べることや、恋をしてるから輝ける時だってあるはず、という信念を元に“等身大のアイドル”として、それぞれが輝けるアイドルグループとなっている。

■「1FINGER」音楽LIVE

1FINGERは、“次世代のケツメイシ”を探すべく'13年に行われた「三代目ケツメイシオーディション」で、全国各地より集まった8人(男性6人女性2人)による音楽ユニット。'15年2月18日には、ケツメイシとのファミリー名義“KTMusic”によるミニアルバム「KTMusic」でメジャーデビュー。圧倒的な歌唱力とコーラスワークで美しい旋律を奏でるボーカリストたちと、時に鋭く時に温かいメッセージで切り込むラップ隊で多彩な楽曲を生み出すアーティスト集団だ。

■「Pimm's」音楽LIVE(※追加発表)

Pimm'sは、イギリスでメジャーなカクテルの材料とされるリキュールで、何かと割って飲むのが基本のため、ちょっと濃いめの味付けがなされている。個性光るメンバーとファンとの融合によって、初めて“大人になりきれないむじゃきな女の子たち”が成長したアイドルグループ「PIMMS」としてステージに立つ。

■「まこみな」音楽LIVE(※追加発表)

まこみなは、福島・郡山出身の「まこ」と「みなみ」による2人組ユニット。珍しい2人組の女子高校生ユニットとして一躍有名に。'14年より「MixChannel」(通称:ミクチャ)に動画投稿を始め、2人で同じ振り付けのダンスを踊る「双子ダンス」で話題に。

なお、MixChannelでの動画総再生数は1億回を超えており、女子中高生に圧倒的な人気を得ている。さらに、まこみなが作詞も手掛け、10月12日(水)にCDも発売される予定のオリジナルソング「キミがいてよかった」では、2人がキュートな歌声も披露している。

最終更新:8/8(月) 18:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。