ここから本文です

NGT48かとみながアクロバットで初TIFで魅せた!

Smartザテレビジョン 8/8(月) 19:39配信

東京・台場で開催された世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2016」の最終日、新潟を拠点に活動するAKB48の姉妹グループNGT48が登場した。

【写真を見る】「第2回AKB48グループチーム対抗大運動会」で、大活躍だった山田野絵がTIFでも魅せた!?

メイン会場となるHOT STAGEに「overture」が流れるとNGT48が現れる。AKB48からNGT48に移籍し、キャプテンを務める北原里英が「新潟からやって来ましたNGT48です! きょうはお手柔らかにお願いします」と語り「言い訳Maybe」を全力で熱唱。

続けて、AKBの夏ライブの定番曲「Everyday、カチューシャ」、名曲と名高い「重力シンパシー」で序盤から畳み掛ける。

最初のMCでは、全員で「皆さんこんにちは『NGT48』です」とあいさつすると、ファンからは“推しメン”コールが沸き起こる。北原が「私たちNGT48は、AKB48グループの5番目の国内姉妹グループでですね、新潟県を拠点に活動させていただいています。今回、この『TOKYO IDOL FESTIVAL』初参加ということで東京にやって来ました」と自己紹介。

本間日陽は「すごいですね! TIFは総勢300グループが出るということなんですけど、NGT48はその中でもピカイチのパフォーマンスをしたいと思います! よろしくお願いします」と爽やかにアピールした。

そんな中、北原は「他の(アイドルグループの)ファンを片っ端からNGT48に“推し変”してもらえるように頑張りたいと思います。先日行われたAKB48グループ大運動会で、何と優勝したんですよ!」と、8月6日にさいたまスーパーアリーナにて行われた「第2回AKB48グループ チーム対抗大運動会」で初出場・初優勝という快挙を達成したことを報告し、喜びを分かち合った。

その後、新潟の見どころを歌詞に盛り込んだ「NGT48」では、荻野由佳がセンターを務め、会場をさらに盛り上げる。

興奮冷めやらぬ中、メンバーの自己PRでは山田野絵が得意だという「パントマイム」を披露し、小熊倫実は「早口言葉」、中井りかは「よいしょー」の掛け声でファンの心を釣り上げた。

5曲目の「ヘビーローテーション」では、センターの“かとみな”こと加藤美南が得意のアクロバットをダイナミックに繰り広げ、会場を大いに沸かせ、ライブの定番曲「君のことが好きだから」ではアイドル感満載の中井がセンターに立ち、雰囲気だけでなくファンの心をわしづかみに。

7曲目「大声ダイヤモンド」と怒涛(どとう)の人気曲をメドレーで披露した。

アイドル好きだという山口真帆は、TIF初参加の感想を「まだ結成1年目のNGT48が『TOKYO IDOL FESTIVAL』に出させていただいてとっても光栄です。ありがとうございます!」と感想を語り、「皆さんNGT48のファンになってくれましたか? NGT48の地元の新潟までは東京から新幹線で2時間で行けるので、劇場にもぜひ遊びに来てください! 待ってまーす!!」とアピール。

そして最後は、“神曲”ともファンの中でも話題のNGT初のオリジナル曲「Maxとき315号」を、高倉萌香が堂々とセンターとして務め上げ、締めくくった。

最終更新:8/8(月) 19:39

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。