ここから本文です

リオ五輪・自転車 女子ロードレースはオランダのファンデルブレヘンが優勝!

CYCLE SPORTS.jp 8/8(月) 6:32配信

與那嶺恵理は17位

ブラジルで開催中のリオデジャネイロ・オリンピックは、8月7日に女子ロードレース(136.9km)を競い、オランダのアナ・ファンデルブレッヘンが優勝し、金メダルを獲得した。2位はスウェーデンのエマ・ヨハンソン、3位はイタリアのエリーザ・ロンゴボルギーニだった。

前日の男子ロードレースと同じように、女子も最後の下り坂で先頭を走っていたオランダのアンナミーク・ファンフルーテンが転倒し、優勝を逃してしまった。そして2番手で坂を下り終えた米国のマーラ・アボットも、ゴールまでたった150メートル手前で追走してきた3選手に捕まってしまった。

そこから最初にスパートしたファンデルブレヘンがスプリント勝負を制し、ファンフルーテンが逃した金をオランダにもたらした。


オリンピック初出場の與那嶺恵理は4分56秒遅れの17位に入り、沖美穂がアテネ五輪(2004年)で記録した日本人女子最高位の20位を上回った。


■リオデジャネイロ・オリンピック・女子ロードレース結果[8月7日/ブラジル/136.9km]
1 アナ・ファンデルブレヘン(オランダ)3時間51分27秒
2 エマ・ヨハンソン(スウェーデン)
3 エリーザ・ロンゴボルギーニ(イタリア)
4 マーラ・アボット(米国)+4秒
5 エリザベス・アーミステッド(英国)+20秒
6 カタジナ・ニーウィアドーマ(ポーランド)+20秒
7 フラビア・オリベイラ(ブラジル)+20秒
8 ヨランダ・ネフ(スイス)+20秒
9 マリアンヌ・フォス(オランダ)+1分14秒
10 アシュリー・モールマンパシオ(南アフリカ)+1分14秒

17 與那嶺恵理(日本)+4分56秒

最終更新:8/8(月) 6:32

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。