ここから本文です

SKE48、珠理奈不在もファン納得の神セトリとメンバーの成長

KAI-YOU.net 8/8(月) 19:42配信

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2016」(TIF2016)最終日に当たる8月7日(日)、メインステージであるHOT STAGE(Zepp DiverCity TOKYO)の開幕は、SKE48が飾った。

【TIF2016のSKE48ライブ画像】

2008年に結成され、今や国内だけで4グループもあるAKB48の姉妹グループの中でも、最も歴史あるSKE48。昨年の「TIF2015」に引き続き、2年連続出場となった。

1期生のうち、松井玲奈さんが昨年をもって卒業し、残る2人のうち松井珠理奈さんがまさかの不在という中、唯一の1期生として大矢真那さんが出演。若いメンバーと共にステージを引っ張った。

松井珠理奈の不在を吹き飛ばす1曲目

名古屋市・栄を拠点に活動するアイドルグループ・SKE48は、卒業を目前にした人気メンバー・松井玲奈さんたっての希望から、昨年に行われた「TIF2015」に出演。松井玲奈さんを含むSKE48として、見事なフィナーレを飾った。

今回、2年連続3度目の出演となるSKE48のステージを見ようと、TIF最終日の午前10時半から多くのファンがHOT STAGEに詰めかけ、開演を今か今かと待ち構えていた。

そして、グループ定番の「OVERTURE」でついにステージが開幕! ただ、出演メンバー総勢16名の中に松井珠理奈さんがいないことに、ファンでなくてもすぐに気付いたはずだ。

松井玲奈さんに加え、昨年のTIFにもSKE48として出演した兼任メンバー・宮澤佐江さんもこの3月をもって卒業したこともあって、松井珠理奈さんをはじめとするメンバーがチームをどう引っ張っていくか──その点に注目が集まっていたと言っても過言ではなかった。

しかし、ファンの不安を払拭するかのように、1曲目「恋を語る詩人になれなくて」が流れると、いきなり会場は最高潮の盛り上がりに。

SKE48チームSの3rd公演『制服の芽』のうちの1曲として、ファンの中でも特に人気が高いこの曲で、冒頭からファンの心をつかんだ。

続く「Gonna Jump」では、タイトルの通り、ライブ中の「みんなジャンプして!」というメンバーの煽りにファンが応え、フロアのあちこちで力の限りに飛び跳ねる!

そして現時点での最新シングル「チキンLINE」を披露し、フロアとの一体感に包まれたままMCへ。

1/3ページ

最終更新:8/8(月) 19:42

KAI-YOU.net