ここから本文です

[メシズクラブ]うなぎも仕事も(私事も!)上々に

MEN’S+ 8/8(月) 12:14配信

【明神下 神田川本店】うなぎを肴に一献交わせる

フレンチのフルコースとは
別ベクトルの贅沢な時間 
 
 「もともとうなぎ屋は、あまり酒を飲むところじゃなかったんですけどね」。のっけから苦笑する「明神下神田川本店」神田茂さん。文化2年創業の同店11代目です。嘉永元年発行「江戸名物酒飯手引草」に掲載された90軒のうなぎ屋のうち、現存するのはこちらだけ。 
 
 「注文したら、お新香とお酒で待つ。うな重が上がったら、まず蒲焼でお酒をもう少しいただき、最後にタレのかかったごはんと吸い物で締めるのが粋だったんです」。かように、うなぎ屋で酒を飲むのは、とても贅沢。ゆえに、デートでも接待でも有効です。 
 
 店選びは、味はもちろん雰囲気や環境も大事。こちらは座敷・テーブル合わせ7部屋がすべて個室。「うちはあまり席に張りつかないので、くつろいでくださいね」と神田さん。美味しい肴でお酒をちびちびやりながら、うな重を待ちわびる。高級フレンチよりぐっと距離が縮まりそう。そんな居心地のいい店を選びましょう。

【8月いっぱいはうなぎでスタミナを!おすすめのうなぎ屋一覧】

昭和27年再建の日本建築に 流れる時間は、格別

 2階の日本座敷。全室個室のためか平日は8割が接待利用だそう。写真のうざく他、白焼は2900円。「串を打ったまま出すのは職人の矜持。焼き上げたときに串がちょうど並行に並び、頭が揃ってかつ出すぎないのは、腕がいい証拠だからね」と神田さんは語ります。

明神下 神田川本店

東京都千代田区外神田2-5-11
TEL 03・3251・5031
 
営業/11:30~13:30最終入店、
    17:00~19:30最終入店
定休日/日曜日、月曜日、祝日 
※サービス料15%。コース8500円・1万円、うまき1600円、蒲焼4000円

メンズクラブ編集部

最終更新:8/8(月) 12:14

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!