ここから本文です

フェイシャル・マッピングで見た世界で最も美しい女性トップ10

ハーパーズ バザー・オンライン 8/8(月) 14:10配信

科学は私たちに、美について多くのことを教えてくれる。例えば、男性が抗えない6つの身体の部位や、あなたの顔の中で一番忘れられない部分など。そして今度は、世界一美しい女性は誰か、そしてその理由は?という分析だ。
 
これは、「Centre for Advanced Facial Cosmetic and Plastic Surgery」(高度化粧品及び美容整形センター)のジュリアン・デ・シルバ医学博士が、コンピューターによるフェイシャル・マッピングと古代ギリシャ哲学の黄金比率を使って、どの有名人の顔が理想的な比率と対照の美しさを持っているかを割り出したもの。
 
美の基準は文化によっても異なるが、比率法というのは美へのアプローチとしては興味深く、なぜ他の人より際立つ人がいるのかを考えるヒントになるかもしれない。
 
結果は、アンバー・ハードが91.85%の対照率でトップに。ヘレン・ミレンが6位、マリリン・モンローは9位にランクインした。
 
ダシルバ博士は、この研究は決して女性を競争させるためのものではないと指摘。「この画期的なテクノロジーにより、物理的な美しさの謎が解けたのです」と言う。「結果は驚くべきもので、有名女優やモデルには、古代ギリシャ時代の完璧な美の原則に近い顔立ちをしている人がいるということを示しています」
 
古代ギリシャ哲学と現代のテクノロジーが導き出した世界で最も美しい女性トップ10は以下の通り。

ヴィクトリアズ・シークレットが選んだ“最もセクシー“なリスト2016年版

1. アンバー・ハード 91.85%
2. キム・カーダシアン 91.39%
3. ケイト・モス 91.06%
4. エミリー・ラタコウスキー 90.8%
5. ケンダル・ジェンナー 90.18%
6. ヘレン・ミレン 89.93%
7. スカーレット・ヨハンソン 89.82%
8. セレーナ・ゴメス 89.57%
9. マリリン・モンロー 89.41%
10. ジェニファー・ローレンス 89.24%

最終更新:8/8(月) 14:21

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。