ここから本文です

簡単にできて、おもてなしにも便利!「具だくさん冷やっこ」4種

OurAge 8/8(月) 15:22配信

夏に欠かせない冷ややっこ。豆腐は、コレステロール値の低下、老化防止、更年期症状の軽減、美容やダイエットにもいいなど、毎日でも食べたい食材だ。合わせる素材を選ばず、和・洋・中どんな味にでも変身してくれるのもうれしいところ。マンネリになりがちな冷ややっこワールドを広げる、3種類の素材を組み合わせて作る冷ややっこを4つご紹介。
どれも分量は1人分。

■漬け物・長ねぎ・白ごま
豆腐1/4丁は軽く水きりを。ぬか漬けやつぼ漬けなどの粗みじん切り大さじ1、長ねぎのみじん切り大さじ1/4、白ごま小さじ1/2を混ぜ合わせ、豆腐にのせる。

■ゆで卵・長ねぎ・ザーサイ
豆腐1/4丁は軽く水きりを。乱切りにしたゆで卵1個分と刻んだザーサイ2枚分、斜め薄切りにした長ねぎ3センチ分を、しょうゆ、酢、ごま 油各小さじ1であえて豆腐にのせ、あれば香菜をのせる。

■オクラ・マヨネーズ・七味唐辛子
豆腐1/4丁は軽く水きりを。さっとゆでたオクラ2本を刻んで、マヨネーズ、しょうゆ各小さじ2であえ、粘りがでたら豆腐の上にのせて七味唐辛子をふりかける。

■アボカド・わさび・ミニトマト
豆腐1/4丁は軽く水きりを。わさび小さじ1/2 としょうゆ、オリーブ油各小さじ1を混ぜ、乱切りにしたアボカド1/4個分と半分に切ったミ ニトマト3個をあえ、豆腐にのせる。

おいしそうに盛り付ければ、ちょっとしたおもてなしにも使える。夏こそ「冷やっこ」の新しい魅力を開拓しよう。

最終更新:8/8(月) 15:22

OurAge

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。