ここから本文です

マンUに敗戦もレスター岡崎は先発で奮闘 バー直撃弾など英紙も「渾身の仕事ぶり」と評価

Football ZONE web 8/8(月) 7:53配信

今季初の公式戦で45分間プレー 前半19分には際どいシュートを放つ

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は、7日(日本時間8日)に英ロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われたコミュニティー・シールドのマンチェスター・ユナイテッド戦に先発出場したが、得点には絡まず前半45分間のみで途中交代となった。それでもCKからクロスバー直撃の惜しいシュートを放つなど奮闘。「渾身の仕事ぶり」と評され、英地元メディアからは合格点を与えられた。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 レスターは前半32分にユナイテッドMFジェシー・リンガードに中央突破から右足のシュートを決められて先制点を献上。後半7分にMFマルアン・フェライニのバックパスを奪ったFWジェイミー・ヴァーディのゴールで同点としたが、同38分にFWズラタン・イブラヒモビッチにヘディングシュートを決められて1-2で敗れた。

 岡崎は前半19分にヴァーディのラストパスを受けて、左足でミドルシュートを狙ったが、DFに当たってゴール左へ外れた。続くCKのチャンスではMFマーク・オルブライトンのクロスをニアで合わせたが、シュートはクロスバーを叩き、わずかにゴールとはならなかった。その他、昨季からさらに磨きがかかったポストプレーで奮闘したが、出場は前半45分間のみで、新加入FWアーメド・ムサとの交代でピッチを後にした。

 レスターの地元紙「レスター・マーキュリー」はこの試合の採点を公開。岡崎は10点満点中、チーム3位タイとなる7点を与えられている。「アンラッキーな交代。渾身の仕事ぶりを見せ、頭をかすめたヘディングはバーにヒットした」と、ゴールまであと一歩に迫ったシュートやトレードマークの全力プレーを称えられている。

定位置を争うムサにチーム最高タイ評価

 チームトップタイの評価は同点ゴールのヴァーディと、ムサで8点。特にクラブレコードとなる1600万ポンド(約21億円)で加入し、後半からヴァーディとの快足2トップを結成したムサはについては、交代選手として唯一採点が与えられた上に「彼が登場し、そのペースとまっすぐさがシティを変えた。(プレミアリーグ開幕戦)ハル戦の先発に名乗りを挙げている」と高く評価された。岡崎を含めたFW陣の争いは熾烈さを増している。

 岡崎のほかMFアンディ・キング、MFダニー・ドリンクウォーター、DFクリスティアン・フクス、DFロベルト・フート、GKカスパー・シュマイケルも合格点の7点を獲得。アーセナルへの移籍話が根強く残っているアルジェリア代表MFリヤド・マフレズは沈黙し、チームワーストタイの6点に止まった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/8(月) 7:53

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ