ここから本文です

英雄が英雄を称える ジーター氏が盟友イチローの金字塔に寄せた言葉とは

THE ANSWER 8/8(月) 10:48配信

にじみ出る敬意、「この記録は数ある金字塔の1つに過ぎない」

 大リーグ、マーリンズに所属するイチロー外野手がMLB史上30人目の通算3000安打に到達した。7日(日本時間8日)に行われた敵地でのロッキーズ戦でスタメン出場し、7回に三塁打をマーク。王手をかけていた金字塔を達成し、周囲からスタンディングオベーションで称えられた。

【写真】リオ五輪での活躍に期待、各種目の日本人美人アスリート

 その直後、即座に祝福のコメントを発表したのはヤンキースでともに戦ったデレク・ジーター氏だった。

 自身、歴代6位の通算3465安打を放っている元ヤンキースのキャプテンは盟友の偉業を以下のように称えた。

「友人であり、チームメイトのイチロー、3000安打クラブへの入会、おめでとう。私は敵として対戦する喜び、仲間としてプレーする光栄を両方味わえる幸運に恵まれた。彼にとって野球は単なるスポーツ以上のものであり、職人の工芸品のようなものだ。非常にハードな鍛錬をたゆまず繰り返し、磨き上げてきた。文字通り、真のプロフェッショナル。彼が野球選手として築き上げる遺産の中では、この記録は数ある金字塔の1つに過ぎない」

 そのメッセージには盟友イチローへの敬意がにじみ出ていた。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:8/8(月) 10:48

THE ANSWER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。