ここから本文です

【MLB】通算3000本安打イチローの恩師・球友が語る原型。鈴木一朗は「高校レベルの練習はすでに中学で終えていた」

ベースボールチャンネル 8/8(月) 11:00配信

613打席でたったの20個。異常な三振の少なさ

 130試合制の時代の94年、NPB史上初となるシーズン200本安打を達成したシーズンから22年。これまであらゆるメディア、関係者がイチローを語ってきたが、「鈴木一朗」時代を語れる者となるとごく限られる。

 その中の1人、愛工大名電時代の監督、中村豪氏に過去に2度、長い“イチロー取材”をしたことがある。雄弁な師の口からは印象的な言葉がいくつも語られた。

「これが本当に噂の鈴木一朗?そんな感じでしたね」

 初対面の印象を中村は驚きの表情と共に口にした。熱烈な名電ファンから「打っても凄い、投げても凄い、レベルが違う。すげーのがおる」と聞いたのはイチローが中学2年の冬のことだった。しかし、中村が直接見る機会を作れないまま、翌年になると軟式野球の全国大会で3位にもなり「豊山中の鈴木」の名は一気に県内に広まった。

 その夏が終わり、イチローが父と共に名電の練習見学にきた。その時だ。
 170センチ、55キロ。30年近く前とはいえ、いかにも華奢な体に拍子抜けした中村は思わず、先の一言を心の中で呟いたのだ。

 しかし、ひとたびバットを持たせると、モノの違いは一目瞭然。木製を扱うかのように金属バットを体にまきつけながら振りだし、抜群のミート力と好球必打の積極性。1年夏からベンチに入り、スタートしたイチローの高校生活に「驚きの連続だった」と振り返った中村は、その筆頭に「三振しないこと」を挙げた。

 練習試合も含め、3年間で613打席に立ったイチローが喫した三振はわずかに20。2年時のある日、試合時の打席を振り返り、日誌にこう書いてきたことを中村は覚えていた。

<難しい低めの球に手を出してしまったのに悔いが残ります。自分は次の球を打つと決めたらどんな球にも手をだしてしまう。そこでボールが来たら、1球待てる我慢をこれから覚えたいと思います>

 3年になり、イチローが喫した三振は練習試合も含めわずか3つ。本人ものちのあるインタビューで「(3年時に)空振りの三振は記憶にない。三振したのは自分がボールと思って見逃した球をストライクと判定された時」と語っていたほどだ。

 オリックス時代の97年には216打席連続無三振のNPB記録を樹立。記録が取りざたされる中、「空振りをしたい」というイチローのコメントが紹介されることがあった。これに「イチローらしい」と頷いたという中村は、「高校時代もね、ホントに空振りを見ることがないからそんな話をしたら『当たっちゃうんです』と涼しい顔で言っていましたから」と続けた。

 ただ、2年夏までのイチローはまだミート力とうまさが前面に出たバッティング。「凄みが出てきたのは2年秋から」と中村は言った。そこへつながる分岐点となったのがイチローも3番レフトで出場した2年春の選抜大会だった。

 名電は初戦で天理に敗れたが、天理の選手たちの体格の良さにチームとして「衝撃を受けた」(中村)。実はこの時、天理でトレーニング指導を行っていたのが、現ワールドウイング(鳥取県鳥取市)代表で、イチローもトレーニングを取り入れてきた小山裕史氏。これも不思議な縁だが、この一戦以降、名電もウエートトレーニングに力を入れ、イチローも背筋が210キロを超えるなどパワーアップ。2年秋以降はまさにヒットは当たり前という状態の中で打球も強さを増していった。

 ただ、「どうしたらそれだけ打てるのかと」と中村が聞いても本人は「来た球を打ってるだけです」「特に何も……」。その中である時、のちに広まる名言も出た。

 それが「センター前ならいつでも打ちます」という言葉だ。

 中村は続ける。

「普通の高校生ではありえないけど、イチローから言われたら何も驚かなかった。本当にそうでした。3年の時は私も『今日は4打数6安打頼むぞ』と言ったりしてました(笑)」

 3年春はエースとして2度目の甲子園を経験するも松商学園の前にまたしても初戦敗退。バットでも5打数ノーヒットと甲子園で目を引く活躍はできなかったが、最後の夏、愛知大会のバッティングはすさまじかった。

 チームは決勝で東邦に敗れ鈴木一朗の高校生活は終わったが、7試合で28打数18安打の打率.640、3本塁打、17打点。中でも準々決勝の逆転2ラン、準決勝の満塁弾を含む3本のアーチは「パワー不足」という見方が強くあったスカウト陣を黙らせ、甲子園よりプロを第一の目標に愛工大名電を選んだ道を力強く次につなげるものだった。

 3年間の打撃成績は151試合 613打席 536打数269安打 5割1厘 本塁打19 打点211 三振20。

「私たちの理解を超えたバッターでしたよ」

1/2ページ

最終更新:8/8(月) 11:00

ベースボールチャンネル

なぜ今? 首相主導の働き方改革