ここから本文です

打倒バイエルンへ香川にも朗報! 「僕は確実にBVBに残る」とオーバメヤンが移籍報道に終止符

Football ZONE web 8/8(月) 8:41配信

「僕は偉大なグループの中にいる」と改めて残留を宣言

 ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが「確実にBVB(ドルトムント)に残留する」と宣言し、度重なる移籍報道に終止符を打った。独地元紙「ルールナハリヒテン」が報じた。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 オーバメヤンは7日、新加入のU-21フランス代表FWウスマン・デンベレとともに記者会見に登場。レアル・マドリードやアトレチコ・マドリードなど移籍先が次々と浮上し、今夏の去就が注目されるなかで「僕は確実にBVBに残る」と残留を宣言した。「僕は偉大なグループの中にいる。このチームは非常に優れている。これ以上、この質問については答えないよ」と移籍報道にピシャリと終止符を打った。

 前主将のドイツ代表DFマッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)をはじめ、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)やアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・ユナイテッド)は移籍を選択したが、昨季リーグ2位の25得点を挙げた韋駄天FWは残留を決意。新シーズンに向けては、タイトル獲得への自信もみなぎらせている。

「今季は最低でも一つのタイトルを…」

「今季は最低でも一つのタイトルを獲れると思っている。昨季はアフリカ最優秀選手にも選ばれた。僕にとっては個人的に素晴らしい経験だったし、大変な栄誉だった。だけど、チームとしてのタイトルを勝ち獲りたい」

 主力の大量流出にあったドルトムントだが、代わりにドイツ代表MFマリオ・ゲッツェやトーマス・トゥヘル監督の秘蔵っ子である同FWアンドレ・シュールレら8選手を補強。昨季好連携を築いた日本代表MF香川真司、ドイツ代表MFマルコ・ロイスにとってもエース残留は大きく、打倒バイエルンへ向けて十分な戦力を揃えたと言える。そのなかで今季も強力攻撃陣を牽引するのは、ブンデス最速とも言われるスピードを持つオーバメヤンになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/8(月) 9:03

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。