ここから本文です

欧州の舞台でレアルに勝てないセビージャ。スーパーカップで初勝利なるか

フットボールチャンネル 8/8(月) 7:50配信

 UEFAスーパーカップでレアル・マドリーと激突するセビージャ。しかし、これまでヨーロッパの舞台での3度の直接対決では一度も勝利していないという事実がある。7日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 欧州を舞台にしたセビージャ対マドリーといえば、直近であればウェールズのカーディフで行われた2年前のスーパーカップだ。この時はクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールの前にセビージャは屈している。

 さらに遡れば、1957-58シーズン、チャンピオンズリーグの前身、チャンピオンズカップの準々決勝での対戦になる。この時はホームでは2-2と引き分けているが、アウェイで0-8と惨敗している。時は折しもマドリー5連覇の3年目で、アルフレド・ディ・ステファーノに4得点、レイモン・コパに2得点と当時のスーパースター達にゴールを献上した。

 現地9日(日本時間10日)にノルウェーのトロンハイムで開催される今年のスーパーカップ。今の選手たちにはこのようなジンクスなど関係ないだろう。セビージャはマドリーから欧州の舞台で初の勝利を挙げ、新たな歴史を刻むことができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/8(月) 7:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。