ここから本文です

決勝T進出へ崖っぷちの手倉森Jがコロンビアと互角の攻防 スコアレスのまま後半へ

Football ZONE web 8/8(月) 10:51配信

負ければ敗退決定の一戦 初戦から先発4人を入れ替え守備も安定

 手倉森ジャパンはペースをつかみつつも、得点を挙げることはできずに前半を終えた。7日(日本時間8日)のリオデジャネイロ五輪第2戦のコロンビア戦は、日本に決定的なチャンスもあったが0-0のままハーフタイムに突入した。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 日本は初戦のナイジェリア戦で守備が崩壊して4-5という打ち合いの末に敗れた。手倉森誠監督はスタメンの大幅入れ替えを決断。まずは、GKに中村航輔を配し、中盤には井手口陽介、矢島慎也の2人を起用。スピードが武器のFW浅野拓磨もスタメン起用し、4-4-2システムで臨んだ。

 その効果は、試合序盤から現れた。前半11分には、矢島が起用された右サイドからの攻撃で大きなチャンスを作った。右サイドバックの室屋成がクロスを上げると、FW興梠慎三が胸で落とし、矢島が左足ダイレクトで強烈なシュートを放った。しかし、これは相手GKのファインセーブによりゴールとはならなかった。

 一方で、初戦で完全に崩壊した守備陣は、持ち前のハードワークを取り戻した。ボール際で激しく戦うプレーでコロンビアを自由にさせず、簡単にシュートまでは持ち込ませなかった。同18分にFWミゲル・ボルハに反転から強烈な右足シュートを放たれたが、GK中村が先発起用の期待に応えるファインセーブを見せた。

 前半最大のチャンスは同34分だった。CKのセカンドボールをつなぐと、左サイドに開いた興梠が右足でクロスを中央へ送る。ゴール前に入り込んでいたDF藤春廣輝は完全にフリーだったが、ヘディングシュートは枠外に飛ばしてしまった。結局、このまま両チームともにスコアレスで前半を終えた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/8(月) 10:55

Football ZONE web