ここから本文です

バルサに大勝も冷静なクロップ監督「親善試合では色々起こるものだ」

フットボールチャンネル 8/8(月) 8:10配信

 聖地ウェンブリーで行われたリバプールとバルセロナの親善試合は、4-0でリバプールが圧勝した。それでもユルゲン・クロップ監督は「親善試合では色々起こる」と極めて冷静だ。6日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 クロップ監督は「この結果や、我がチームの多くのプレーに満足している」と述べるが、「これは親善試合であり、色々なことが起こるものだ。それでも、今日起こった98%は素晴らしいものだったがね」と続けた。

 そして「バルセロナは決して悪くなかった。ゴール前での我々が特別良かったということだ。そして1、2度は守備において少しラッキーな部分もあった」と話し、「さらに言えば、相手は我々よりもチームの始動が1週間遅かった。これはプレシーズンでは大きな違いを生むものだ」とコメントしている。

 「この試合に勝ったからといって、バルセロナのレベルを上回ったというわけではない」と述べるクロップ監督。昨季の8位から巻き返しを狙う指揮官の心に全く油断はなさそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/8(月) 8:47

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)