ここから本文です

手倉森Jの終戦危機を救った“10番”中島のミドル弾 決勝T進出へ「この舞台を楽しみたい」

Football ZONE web 8/8(月) 12:56配信

鮮やかな弧を描いて決まった起死回生の一撃

 手倉森ジャパンの「10番」が、グループリーグ敗退の危機を救った。7日(日本時間8日)のリオデジャネイロ五輪第2戦コロンビア戦は、後半20分までに0-2とリードされる苦しい展開になったが、浅野拓磨のゴールで1-2とした後の同29分に、MF中島翔哉が約25メートルのミドルシュートを決めて2-2で引き分けた。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 今大会、沈黙していた中島がついに輝きを放った。ゴール正面で前を向いた中島は、相手GKが前方にポジションをとっていたのを見逃さずに右足を一閃。インフロントにかかったボールは鮮やかな弧を描き、相手GKの伸ばした手の上を越えるとクロスバーをかすめてゴールへ。敗れれば敗退が決まるゲームで、起死回生の一撃となった。

「勝つしかなかったのでシュートを打っていかなければいけないと思っていましたし、試合前からそれは意識していたので打ちました」

 この試合での日本は、全体的にゲームの主導権を握っていた。相手守備陣を細かいコンビネーションで崩す場面も多く作り、隣国コロンビアとの対戦ながら開催国ブラジルの会場からも声援が飛んだ。中島自身も「今日も勝てたのですごく悔しいですけど、観客を味方につけることはできたので、次もそういうサッカーをできるようにしたいなと思います」と、勝ちきれなかった悔しさをにじませながらも、会場が日本寄りになっていたのを感じていたと話した。

「自分たちはもう精一杯頑張るしかない」

 このゲームに引き分けたことで、日本は最終戦のスウェーデン戦に勝利しても、コロンビアがナイジェリアに勝利すれば3位となり敗退となる。自力での突破が消滅した状況に「勝ち上がれるかどうかは他の結果にもよりますけど、自分たちはもう精一杯頑張るしかないですし、この舞台を本当に楽しみたいと思います」と話した。

 引き分けでも突破の可能性を残す日本だが、より可能性を高めるためには最終戦での勝利が求められる。アジア最終予選でも勝負強さを発揮した中島には、攻撃陣をけん引していく働きが求められる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/8(月) 12:56

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。